福岡空港 ランウェイ16エンド 菜の花畑 2011年

基本データ
URL
住所 福岡県福岡市博多区堅粕 ▲地図こちら(MapFanWeb)
電話番号
開園時間 24時間
定休日 無休
入園料 無料
備考 写真撮影の場合は、午後からが順光
訪問日 2011.3.4

そういえば今年は菜の花も見てないなぁ、と思っていたところ、過日、ローカルテレビ局のニュース番組で、福岡空港の北側に植えられている3,000本の菜の花が見頃だと中継されたので、いそいそと自転車で見に行ってみた。

青空と菜の花の黄色のコントラストは鮮やかで、その上を飛び越えてゆく飛行機は、見ていて飽きないねぇ〜!もっとも、私のおもちゃコンデジでの撮影は、これが限界。別に乗り物マニアではないけれど、こういう風景を撮るときは、やはり一眼レフや望遠レンズに憧れマス…。

そもそも、ランウェイ(RWY)16エンドは、福岡空港の定番撮影スポットの1か所として知られ、立派な機材を抱えた飛行機マニアも、よく撮影に来る場所。国内線ターミナル全景と、その背後の三郡山地を、一望することができる。



写真をクリックすると拡大表示、矢印キーでスライドします。


クリックで、800×600
奥は福岡空港国内線ターミナル
福岡空港全景  クリックで、1000×341 遠くに見える山並みは
三郡山地
KBCの取材ヘリかな クリックで、800×358  空港通りの方を見る
こんな感じで、福岡空港から離陸する飛行機を、菜の花とともに楽しむことができた。なお、離発着の向きは、その日の気象条件により、異なる。
ANA機 JAC機
アシアナ航空機 中国南方航空機 JAL COP10エコジェット機

しばらく飛行機のお腹を見上げながら過ごしていると、着陸機の中に、通常は赤であるはずの尾翼の塗装が、緑色になっているJAL機が見えた。…あれ?

よくよく見ると、写真でも、胴体にCOP10(生物多様性条約第10回締約国会議)のロゴが描かれているのが、なんとなく分かると思う。帰宅後、調べてみたら、これは、「COP10エコジェット」(ボーイングB777−200型機、375人乗り)とのこと。なんでも、2008年6月より就航している緑色の尾翼の特別塗装機「JALエコジェット」に新塗装が施された特別塗装機で、2010年6月14日就航。主に羽田空港から札幌(新千歳)・大阪(伊丹)・福岡を結ぶ国内路線を運航しているそうな。わずか1機だけの珍しい飛行機なのだったら、国内線ターミナルまで行って、近くで見てくりゃよかった!

【参考】JALプレリリース 第10034号 JAL特別塗装機「COP10エコジェット」が就航! 2010年06月08日 (魚拓)




温泉めぐりモノグサ写真日記@九州  福岡県


Copyright(C)since2004 MOGUSA All Rights Reserved