屋久島 尾之間温泉

基本データ
URL 屋久島町ホームページ > 屋久島町の温泉 > 尾之間温泉
住所 鹿児島県熊毛郡屋久島町尾之間1291
電話番号 0997-47-2872
営業時間 7:00〜21:30 (月曜日は、12:00〜)
定休日 月曜日の午前中
入浴料 大人(中学生以上)200円、小人100円
泉質

温泉分析書等
源泉泉:尾之間温泉
湧出地:熊毛郡屋久町尾之間1291番地
泉質:単純硫黄温泉(低張性 アルカリ性 高温泉)
湧出地における調査及び試験年月日:H16.9.13
泉温:49.0℃、湧出量等(96L/分)(自然自噴)
知覚的試験:無色透明 微硫黄味 弱硫化水素臭、pH値:9.6
ラドン含有量:1.0×10-10Ci/kg(3.7Bq/kg)
成分総計:210.3mg/kg (H16.10.15)
源泉名:尾之間温泉3号
湧出地:鹿児島県熊毛郡屋久島町1296
泉質:アルカリ性単純温泉(低張性 アルカリ性 温泉)
調査および試験年月日:H22.11.27
泉温:37.0℃、湧出量:1.3L/min(自噴)
知覚的試験:無色透明 無味 微硫化水素臭、pH値:9.6
ラドン(Rn):0.7×10-10Ci/kg(2.7Bq/kg)
成分総計:205.0mg/kg (H22.12.21)
備考 備品類無し
訪問日 2011.9.22

「尾之間」の読みは、「おのあいだ」。私のようなヨソ者には、難読地名のひとつだ。方言では「オナイダ」と言い、これは「仰いだ(見上げた)」を意味するのだとか。屋久島の名峰・モッチョム岳(940m)を仰ぐ尾之間地区に、こんこんと湧き出す名湯が、こちら尾之間温泉である。

温泉の歴史は古く、約350年前、地元の猟師に鉄砲で撃たれた大鹿が傷を癒したのを見て、発見されたと言い伝えられるそうだ。1843(天保14)年刊行の『三国名勝図会』で、「尾野間温泉」は、「温泉は少し礬臭あり。治効一切の疾病を治すといへども、第一刀疵を癒すこと神の如し。」「かかる不思議の神泉なれば、此村の人民、常に浴する故にや、一生疾病の者なく、多く長寿なるとかや。實に希有の神泉なり。」と紹介されている。なお、『三国名勝図会』に掲載されている屋久島の温泉は、尾野間温泉と平内温泉の2か所のみ。

尾之間区が所有管理する共同湯で、地元の尾之間・小島区民と70歳以上の旧屋久町民は、無料。一般客にも、入浴料金わずか200円で開放されており、ふだん使いの地元の人たちは勿論、登山客や観光客の利用も多い公衆浴場になっている。

実際に入ってみて、尾之間温泉が一番人気を誇ることに、納得。一切手を加えない足下湧出の源泉は、素晴らしい。やや熱めの温度も、アツ湯好きの私には、嬉しい。私見ながら、現在、屋久島に湧く天然温泉の中では、ここがNo.1だと思う。



写真をクリックすると拡大表示、矢印キーでスライドします。


県道から見るモッチョム岳
いわさきホテル付近より
県道からの入り口には
立派な案内が出ている
ログハウス風の尾之間温泉
奥には、足湯あり
広場では、旧暦6月15日に
尾之間棒踊りが奉納される
こちらが気になるよね
昔使われていた浴舎?
入り口付近 尾之間温泉の由来など 女湯の横を抜けると
奥に神社あり
外にある足湯は、平成16年5月オープンしたもの。屋久島初の足湯だそうで、志で利用できる。『季刊 生命の島 第67号』によると、尾之間地区の「村づくり委員会」温泉特別委員会が発案・企画し、自治宝くじの助成金を受けて、地杉材の東屋などを建設。総工費180万円。温泉分析書を見ると、使われている源泉は、内湯の源泉とは別のもの。
源泉所在地:熊毛郡屋久島町尾之間1289
使用施設名及び所在地:尾之間温泉(足湯)
熊毛郡屋久島町尾之間1291
泉質:単純温泉(アルカリ性単純温泉)
(低張性 アルカリ性 高温泉)
泉温:43.0℃、性状:無色透明 無味 無臭、pH値:9.6
ラドン含有量:1.4(百億分の一キューリー単位)
成分総計:183.2mg/kg 分析年月日:H22.12.10
足湯利用時間 8:00〜17:00(月曜日12:00〜)、利用料:志
上:大正9年撮影
下:昭和36年頃
浴室入り口 玄関付近から中を見る 浴室入り口付近
ちょっとした待合スペース


男 湯


脱衣場 浴室へは
少し階段を下って
ゆったりした空間 浴槽の底には
玉石が敷かれている
オーバーフローした湯が
洗い場の床を静かに洗う
浴槽の底、玉石の下から
とうとうと源泉が足下湧出
湯気抜きのある天井
立派な梁が使われている
浴室奥から
男女別内湯のみ。共同湯としては広めの空間になっており、立派な材木が使われているのが印象的。

浴室のつくりは男女対称で、ほぼ同じ。コンクリートの仕切壁には、男女ともに「尾之間(オネダ)音頭」の歌詞と「棒踊り」のカラフルな壁画が描かれていて、楽しい。
仕切壁には、壁画
尾之間音頭


女 湯


脱衣場 奥には洗面室あり
天井の梁も印象的
まず、お湯の綺麗さに、感嘆した。それもそのはず、源泉は、浴槽の底、敷かれた玉石の下から、とうとうと自噴しており、新鮮この上なし。一切の手が加えられず、無論、掛け流しで使われていて、オーバーフローした源泉は、洗い場を静かにサラサラと流れ去る。

一緒になった地元のオバーチャンに、どの辺から湧いているのかお尋ねすると、浴室奥側の底からとの話。「だから、そっちの方が、もっと熱いでしょ。」じっと見ていると、なるほどクプクプ気泡と共に源泉が自然湧出しているのが分かる。浴槽のお湯の温度も、湯尻側より、かなり高め。

オバーチャンが、しきりに「熱い、熱い」を繰り返しておられたが、実際、やや熱め。泉温49℃あるからねぇ。真冬でも、年中この温度が保たれているんだって。無色透明に澄んだお湯は、かなり強いツルツル感あり。温泉分析書によれば、pH9.6。肌当たりが、やわらかい。わずかに玉子臭。
源泉が湧いている方から 湯尻側から
シャワーは洗髪のみ
利用できる
上がり湯の湯壺
こちらの温度も高温

もし私が屋久島に住んでいたら、間違いなく通う温泉になると思う。毎日でも入りたい気持ち良さ。登山後、尾之間温泉に入ったら、きっと最高だろうね!大変気に入った共同湯なのだが、安房の民宿に宿泊した今回、夕食時にアルコールを飲んで車が運転できず、再訪かなわなかった。いつか再び屋久島に行けるときには、また必ず立ち寄ろうと心に決めている。




温泉めぐりモノグサ写真日記@九州  鹿児島県


Copyright(C)since2004 MOGUSA All Rights Reserved