屋久島総合自然公園 温泉施設 ゆのこの湯

基本データ
URL
住所 鹿児島県熊毛郡屋久島町宮之浦2077-11
電話番号 0997-42-0305
営業時間 12:00〜20:00
定休日 月曜日
入浴料 島外来訪者 大人(中学生以上)400円
小人(小学生)150円、幼児(未就学児)無料
泉質 硫黄泉(単純硫黄泉)(低張性、アルカリ性、低鉱泉)
温泉分析書等 源泉名:宮之浦1号、源泉所在地:熊毛郡屋久島町宮之浦字宮之浦岳国有林224い2林小班
使用施設名及び所在地:屋久島総合自然公園温泉施設ゆのこのゆ(特殊公衆浴場)、熊毛郡屋久島町宮之浦2077番地11
泉温:20.1℃、性状:無色透明、微硫化水素味、微硫化水素臭
pH値:9.6、ラドン含有量:2.3(百億分の一キューリー単位)
成分総計:158.2mg/kg (温泉の分析年月日:H19.4.13)
備考 要・電話予約、貸切湯(一組40分程度)、備品類無し
訪問日 2011.9.22

屋久島総合自然公園の中に、平成21(2009)年にオープンした屋久島町営の温泉で、屋久島では最も新しい温泉施設になる。宮之浦港からは、車で10分〜15分程度で到着。

「ゆのこのゆ」と語呂の良い名称で、「ゆのこ」を漢字で書くと、「湯の川」。湯の川(ゆのこ)温泉も、もともと湯治場だった歴史があり、入り口案内板によると、「昭和期に湯治場として親しまれた」施設が再現されたものになるそうだ。

浴室は2室、それぞれ貸切での利用となる。事前の電話予約が必須で、少なくとも30分以上前に、到着時刻を伝えてください、とのこと。なぜ予約が必要なのか、その理由は、実際に訪ねてみて、また、管理人のお兄さんに色々お話を伺い、よくよく理解できた。お湯は毎回入れかえ制、また、その都度、薪で沸かされる五右衛門風呂が、目玉になっているのだ。客の到着時刻に合わせ、管理人さんが、絶妙な温度の風呂を沸かしておいてくれるのである。五右衛門風呂に使われる薪は、廃材の有効利用。なんでも環境にやさしい温泉が、町の売りにもなっているとのこと。なんと、まぁ、一回一回に手間暇かけてある風呂だこと!家族やグループのみならず、一人客の場合も、同様に貸切利用になる由。これで、ホントに400円(島民は300円)でいいの?という気がする。回転効率を考えると、とても割は合わないだろうが、町の施設だからこそ出来ている、ある面、贅沢な温泉と言えるかもしれない。



写真をクリックすると拡大表示、矢印キーでスライドします。


宮之浦港から白谷雲水峡へと続く県道594号線を進む。
この看板が出ている分岐点から右へ入る。水車が目印。
グラウンド(駐車場)入り口 入り口の看板
「天然温泉 ゆのこの湯」
橋の上から見た
宮之浦川の清流
広いグラウンド 五右衛門風呂を沸かす薪
脇に、積んである
こぢんまりと
かわいらしい建物
湯小屋の裏の、せせらぎ 「ホタルの森」
裏手には、ボイラーと… 五右衛門風呂を沸かす
焚き口と、煙突
タンクと、薪
薪は、廃材利用とのこと
「地球環境を守ろう」
町の職員さん、釜の点検中
ゆのこのゆオープン
ポスター
特殊公衆浴場の営業許可書
(平成21年7月13日)
温泉分析書などの掲示 入浴券の半券


浴室1


受付 受付に向かって右の
「浴室1」を使わせてもらう
「当温泉の正しい入浴法」 洗面台
浴室入り口と
右側に休憩室
板敷きの広い休憩室 エアコン完備 左のタイル風呂は
大人2、3人サイズ
五右衛門風呂は
お一人様サイズ
五右衛門風呂の底は熱くなっているので
用意してあるプラスチックの敷き物を入れ、入浴
湯小屋に近づくと、建物裏手の煙突から薄っすら立ちのぼる煙が目に入り、薪を燃やす良い匂いが漂ってくる。五右衛門風呂が、薪で沸かされているのだ。周辺には、きれいに割られた薪が積んである。なんでも管理人さんも、子どもの頃、五右衛門風呂に入っていたんだって。

「上がった後、お湯は抜かず、そのままにしておいてください。」毎回の掃除の時、洗い場のタイル等を洗うのに、勿体ないから残り湯を使うとのこと。浴室はキッチリ整然と整えられており、管理人さんの几帳面なお人柄が伝わってくるようだ。ご本人は、「仕事ですから。」と、いたって謙虚。

源泉(冷鉱泉)は、山の方から引かれているそうだ。浴槽は、2つ。タイル風呂の方は、ややぬるめの温度に設定してあり、一方、五右衛門風呂は、やや熱め。管理人さんによると、お年寄りは、熱めの五右衛門風呂を好まれるという。

お湯そのものは無色透明、大きな特徴は無い。しかし、薪で沸かした湯は やわらかく、まろやかで、すこぶる気持ちが良い。郷愁を誘う、どこか懐かしい薪の香りを嗅ぐと、リラックスできる。五右衛門風呂が珍しいイマドキの子どもたちを連れてきたら、きっと大はしゃぎだろうね。
シャワー完備の洗い場
釜の煙突 五右衛門風呂の焚き口
(写真右)

各浴室に板敷きの広めの休憩室があるので、家族連れには、嬉しいと思う。良い思い出になりそうな温泉だ。白谷雲水峡からの帰り道にもなるので、登山帰りに予約しておくと、温泉で汗を流して、さっぱり出来そう。




温泉めぐりモノグサ写真日記@九州  鹿児島県


Copyright(C)since2004 MOGUSA All Rights Reserved