[ HOME ] [ 画像掲示板 ] [ 過去ログ倉庫 ]

2005年05月 の投稿ログ


526熊の川温泉・熊ノ川浴場  
名前:917    日付:5月4日(水) 13時43分
Original Size: 320 x 240, 23KB Original Size: 320 x 240, 24KB Original Size: 320 x 240, 26KB

好きなんですここ!
夏場の温泉としては最高でしょうね
源泉が36度、浴槽の下からゴボゴボと湧き出てます
まるで川みたいに掛け流されてます
浴槽は3つあります、入って左手の小さな浴槽はアチチの沸かし湯、
その隣(真ん中)の浴槽にアチチのオーバーフローが流れ込んでます、
この真ん中の浴槽は下から源泉も沸きあがってきてます、オバーフロー分はこの浴槽から外に掛け流れてます
一番右端に浴槽は完全に源泉のみの浴槽です
ここの湯は若干の炭酸が混ざっているようで身体に泡が付着します
体内の毒素を消す作用があるとかで飲んでる方が多いです
皮膚病にもいいそうですよ
いつも20リッター持って帰ります(タダ)
今年の夏も毎週通う悪寒大です



527.Re: 熊の川温泉・熊ノ川浴場
名前:917    日付:5月4日(水) 13時46分
写真が心霊写真みたいになってる!!
コワー


528.熊ノ川浴場が気持ちよい季節
名前:モノグサ@管理人さ〜ん    日付:5月4日(水) 14時56分
Original Size: 640 x 480, 115KB Original Size: 640 x 480, 96KB

ここは、夏場には最高ですね。
でも同じことを考える人は多いんでしょう、特に暑い日は、ぬるい源泉槽は混雑。
ゆーったり体をのばしてて、なかなか動きませんからね。
いや、動きたくなくなる気持ちは、自分もよくわかるのですが…



777.Re: 熊の川温泉・熊ノ川浴場
名前:きら    日付:6月17日(金) 17時58分
917さん、モノグサさんこんにちは〜♪早速やってきました〜♪917さんにてんてんさんとこで教えて頂いてた熊の川温泉の熊ノ川浴場ってこうゆう所なのですね〜。心霊写真のようだとおっしゃる写真で雰囲気が伝わってきました(笑)ホントにゆ〜ったりなが〜く浸かっていたいような雰囲気ですね(* ̄ー ̄*)ん〜、早く行ってみたいです♪

これからちょくちょくお伺いさせていただきますね♪これからもよろしくお願いします(v_v。)ペコリ

http://www.geocities.jp/kira04712/


779.夏向き温泉
名前:モノグサ@管理人さ〜ん    日付:6月17日(金) 19時16分
熊の川浴場は、これからの季節にはうってつけですね!
ゆっくり、のんべんだらりと 涼んできてください( ´∀`)ノ

申し遅れましたが、こちらこそよろしくお願いします(v_v。)ペコリ ←真似ッコ


780.Re: 熊の川温泉・熊ノ川浴場
名前:gb    日付:6月17日(金) 21時15分
ココ、夏向けとしてお薦めですね!
ただし、利用時間によって料金が異なります。
17:00〜300円
15:00〜500円
 9:00〜700円
だったと思います。


781.時間と料金
名前:モノグサ@管理人さ〜ん    日付:6月17日(金) 21時52分
gbさん、料金の詳細情報、ありがとうございました。
実は いくらだったか はっきり覚えておらず(私は一番安い時間帯しか入ったことがない)、
さりとて調べるのも面倒だったもので、助かりました。


785.Re: 熊の川温泉・熊ノ川浴場
名前:きら    日付:6月18日(土) 3時0分
へぇ〜、時間帯によって金額が違うんですね〜。私も一番安い時間帯しか行かないかも。ケチなので(爆)いやいや、時間帯的に…って事にしといてください(笑)gbさん情報ありがとうございました♪
http://www.geocities.jp/kira04712/


798.Re: 熊の川温泉・熊ノ川浴場
名前:917    日付:6月19日(日) 14時38分
gbさん
フォローありがとうございました
季節到来
ここの出番がやって参りましたですね

お礼に後でgbさん用のレポを一つ用意しております
暫くお待ちください

622久住初登山 出発〜牧ノ戸峠  
名前:北九    日付:5月29日(日) 17時8分
Size: 240 x 180, 12KB Size: 240 x 180, 10KB Size: 240 x 180, 8KB

久しぶりにやっとここでレポ書けます^^;
念願の久住の山頂を目指し行ってきました。いつも下から眺めてるだけだった、久住山。まさか自分が頂上に立つ日が来る日が訪れるとは思っても見ませんでした。
前日、天気予報がいまいちなので、普段通りスポクラでヘトヘト、夜、外で酒飲んでるうちに、「やっぱり明日行かなきゃ!」「酔って帰ってすぐ寝たほうが早く起きれるかも」と思い、1時前に帰宅。
すんなり眠れて5時起床。ワンコを叩き起こして散歩済ませて、5時25分自宅を出発!
牧ノ戸峠到着7:15 トイレ、ストレッチを済ませていざ登山開始は7:30でした。
正直、最初の沓掛山山頂までの階段が一番辛かったです^^;
「こんなことで大丈夫か>自分?」と思うほど汗びっしょり。前日の酒でしょうか。
熱くなりポンチョを脱ぎ、Tシャツに短パンのいつものスポクラ姿に変更。
写真@牧ノ戸峠駐車場はすでに9割は埋まってました
写真A登山道入り口。いざ出発
写真B沓掛山山頂より牧ノ戸方面を望む



623.いざ山頂へ
名前:北九    日付:5月29日(日) 17時22分
Size: 240 x 180, 11KB Size: 240 x 180, 8KB Size: 240 x 180, 8KB

沓掛山を越えると、ちょっとした岩場を下りると、歩きやすい尾根道。
ボチボチみなさんと同じスピードで歩くも特に休憩はとりませんでした。
天気もいいし気分爽快。西千里浜あたりでもぐささんの掲示板に書き込み。圏内でした。
避難小屋手前のゴツゴツ岩だらけの峠が少し大変でしたが、なんとか避難小屋前に到着。「あ〜、ここがむがささんの言ってた避難小屋かぁ」あともう少しだなと思ってると、下からモコモコと雲が・・・・。
急いで山頂へ向かいました。でも山頂までかなりあるように見えるのだけど・・・(汗
山頂までの道は岩と砂利で滑りやすく、手を使って登る場面も・・・。
でも、頑張るぞ!っと自分を鼓舞。
写真@沓掛山を振り返る
写真A歩きやすい西千里浜付近。ずっとこんな道だったら楽なのになー。
写真B避難小屋付近から硫黄山方面を望む



624.山頂到着!
名前:北九    日付:5月29日(日) 17時35分
Size: 240 x 180, 10KB Size: 180 x 240, 6KB Size: 240 x 180, 4KB

岩に足を取られながらも足元を慎重に見ながら登山・・・気付くと山頂は目前!あれ?いつのまにこんなに登ったの?と思うほど回りを見る余裕のある道ではなかったです。
で、とうとうやってきました山頂へ!09:10着!
ん?思ったより早かったです2時間かかっていない。何時間も歩いた気がするのだけど、初めてなので先を急ぎすぎたのかもです。
近くに居たおじさんに自分のワンショットの写真をお願いすると、快く応じてくれて、こんどは逆に色んなグループからシャッターを頼まれ撮りまくりました^^;
一人登山者って珍しいのか、はたまた重宝されるのか・・・。
その後役30分程、山頂で感動に浸り、9:40頃下山開始しました。
写真@久住別れ付近から久住山山頂を望む
写真A山頂標識
写真B南久住方面・・・・何も見えない。



625.下山〜帰宅
名前:北九    日付:5月29日(日) 17時51分
Size: 240 x 180, 7KB Size: 240 x 180, 9KB Size: 240 x 180, 5KB

一番怖かったのは山頂〜避難小屋まででした。
下りの岩&砂利道は滑りまくり。転んだり滑ったりする人も大勢見かけました。あるおばさまは岩に背中から転倒。リュックのおかげで無事でしたが、リュック背負ってなかったら背中と頭を強打じゃなかったのかと心配。
同時に、もしかしてリュックにはそんなことも考慮されてるのかなーと思ったり。
自分も転倒まではいかずに済みましたが、何度かズルッと行って足首に名誉のスリ傷。あの杖みたいな奴(名前さえ知らない^^;)持ってる登山者は下りに有効そうで羨ましかった。購入すべきかも!
避難小屋まで戻ると、おばさんから「登山口で一緒だったですよね!もう登ってきたのですか?」と言われ、”やっぱり早かったのかなー”っと・・・。
山頂を振り返ると既に雲の中・・・・早めに言って良かったです。
それにしても帰り道は気持ちよかったです。満足感と爽快感、そしてどんどん登ってくる人に「こんにちはー」の連続。
若いお姉さんもみんな挨拶してくれます。いいなー登山ってと思いながらテクテク下りました。下山時間は11:10でした。
帰りに湯平温泉寄って、共同駐車場から一番近い橋本温泉に入り、温泉街入り口の川魚料理店で鰻重(\1,000)を食べて、湯平12:30発、帰宅は14:20でした。
写真@中岳を望む。九州本土最高峰。次はここに挑戦。
写真A山頂よりの下り道。怖かった・・・。
写真B避難小屋付近から山頂を望むと、すでに雲の中



626.花たち(おまけ)
名前:北九    日付:5月29日(日) 17時57分
Size: 240 x 180, 19KB Size: 240 x 180, 18KB Size: 240 x 180, 16KB

いやー。おばさま達はお花が好きですねー。感心しました。
小さなつぼみでも立ち止まってあれこれ言ってました。
自分はよくわからないので、写真には撮ったものの、もぐささん解説お願いします^^;
ミヤマキリシマはわかりました。
帰りに30分くらいご一緒された、延岡からのベテラン登山者65才さんによると、ミヤマは「あと10日後くらいが見頃かな」と言ってました。
以上、レポ終わりです。拙いレポですみません。



628.ウォー!!
名前:917    日付:5月29日(日) 21時17分
感動したー!!
すっげー!!凄すぎだー!
ホントに行ったんだー、一人で
何か涙けるなー
あんたは偉い!
これ以上言葉が出ない


632.Wonderful!!
名前:モノグサ@管理人さ〜ん    日付:5月29日(日) 21時54分
むがさです。平仮名で書くと、むささび みたいです。
アガサ・クリスティーのような響きですが、実際はムガサとカタカナで書くと、ムカデみたいです。
お疲れのところ、早々のレポ、感激です。
さて、リクエストのあった(???)クララです。

                        \ | /
 ⊂⌒⊃        ⊂⌒⊃     ―‐ ● ―‐  ⊂⌒⊃
         ⊂⊃                 / | \          ⊂⊃
                  ⊂⊃
/~\へ/~\へへ/~\/~\へ/~\へ/~\へ/~\へヘ/~\/~\
,、,,,,,、,,,,、,,,、,,,,,,,,,,、,,,/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\_________
,, ,,,,,, ,,,, ,, ,,,, ,,,,,| 立った立った!クララが立った! |            \
 ,,,, ,,, ,,,,, ,,,,,,, ,,,, , \ _____________/  久住にも立った!  |
||=||=||=||=||=||∨=||=||=||=||=||=||=||=||\__  ______/
,,,,,,, ,,,,, ,,, ,, ,,,, ,,, ∧_∧ ,, , ∧_∧,, ,,,,, ,, __ ,,,, ,,,,,  ∨  ,,,,, ,,,, ,, ,, ,,,,
,, e@@e ,,,,,, ,,, ( o´∀`) ,,,,, (∀・ ; ) ,,, , , |   || ,,, ,,,, e@@e , ,,,, ,,, ,, , ,,
,,, (,・∀・) ,,, ,,⊂   ⊃,,, ,,⊂⊂⌒ヽ、, ,,, |!____i|| , ,,,♪ (・∀・,)_ノ ,,,,, ,,,, ,, ,
,〜((  ,,), ,,,, ,,,○(   ノ ,,,, プル ))   )○/_/) ,,,, ,, とと,,__つ , ,, ,, ,,
,,,, ,UUU ,,, ,,, ,,,,,, )__)_) ,, ,,, ,(( (_(_ノ ))プル,,,,◎ ,, ,,, ,, ,,,,, ,,,,, ,,, ミ ピョン
| |,,, ,,,,| |,,, ,,,,| |,,, ,,,,| |,,, ,,,,| |,,, ,,,,| |,,, ,,,,| |,,, ,,,,| |,,, ,,,,| |,,, ,,,,| |,,, ,,,,| |,,, ,,,,| |
| |二二| |二二| |二二| |二二| |二二| |二二| |二二| |二二| |二二| |二二| |二二| |

素晴らしいとしか言いようが無いっ!有限実行で、こんなに早く実現させてしまうとは、参りました。
北九さんの熱い感動が伝わってきます!
くじゅう連山の主峰に登頂なさったことは、きっと、大きな自信にもなったのではないか、と。

たくさんの写真も、ありがとうございます。くじゅうの山々の写真は、いつ見ても美しいですね!
特に、ミヤマキリシマがご覧になれて、うらやましい。(私はこの時期に登ったことがないもので。)
沓掛山の山肌に見えるピンク色が、きれいです。
お花の写真も、ありがとうです!…しかし、私もミヤマキリシマぐらいしか、わかりませんw
自慢じゃぁないですが、高山植物、あんまり知りません。
おばさまや花が好きな方たちは、図鑑持参で登ってありますもんね。

山は あつい雲が垂れ込めてないかな、と心配していたのですが、写真拝見すると、青空も広がっていたようで何よりでした。
でも、早めに山頂に行ってて、よかったですね。非難小屋からの後の写真、えらくガスってる。
山頂からは南の方は何も見えなかったようですが、雲よりも高いところにいるなんて、すごい、すごい。
雲が無いときには、遠く阿蘇・祖母傾の山々も きれーいに眺められます。
またそのうち、九州本土最高峰の中岳にチャレンジするときにでも、久住山もリベンジしてくださいw
(久住に登ったら、そっから中岳へは、きつくないです。)

それから、山頂でのカメラマンのお役目、ご苦労様でした。きっと皆さん、若い男性に上手に撮ってもらいたかったのでは!?
いろいろな出会いも楽しまれたようで、きっと北九さんのご人徳なのでしょうね。


640.Re: 久住初登山 出発〜牧ノ戸峠
名前:gb    日付:6月1日(水) 21時45分
北九さん はじめまして!
佐賀に住むgbと申します。
UPされたその日に記事を拝見しました。
あまりに見事な風景の写真にスーッと惹きこまれました。
私も20年ほど前、牧の戸峠から登山したことを思い出しました。
ちょうど6月の初旬だったと記憶しています。
法華院温泉(未入浴)の小さなバンガロに宿泊、夜飲んだ缶ビールの旨さがよみがえってきました。


642.ありがとうございまーす
名前:北九    日付:6月2日(木) 10時22分
>>gb様
はじめましてー。いや、お名前は以前から存じております。
感想ありがとうございます。
20年前とは凄い!大先輩ですね。
自分は初心者コースで満足してる素人ですが、いつか法華院温泉まで足を伸ばしてみたいものです。ビール格別だろうなぁ。

635.♪♪夏は来ぬ♪♪  
名前:モノグサ@管理人さ〜ん    日付:5月31日(火) 19時0分
Original Size: 580 x 434, 122KB Original Size: 640 x 480, 74KB

♪卯の花(うのはな)の におうかきねに
 時鳥(ほととぎす) 早(はや)もき鳴(な)きて
 しのび音(ね)もらす
 夏(なつ)はきぬ♪♪

ウツギの別名が「卯の花」。八重ウツギが、満開でした。
5月も今日まで。外を歩いていると日差しが暑く感じられるほどで、初夏ですね。



636.♪♪夏は来ぬ♪♪
名前:モノグサ@管理人さ〜ん    日付:5月31日(火) 19時1分
Original Size: 560 x 419, 94KB Original Size: 420 x 560, 109KB

武蔵寺の長者藤は、消毒を終えたばかり。
藤棚の竹も、新しいものに取り替えられていました。



637.♪♪夏は来ぬ♪♪
名前:モノグサ@管理人さ〜ん    日付:5月31日(火) 19時4分
Original Size: 420 x 560, 101KB Original Size: 420 x 560, 79KB

武蔵寺の池には、スイレンの花が咲き始めています。
池向こうの建物は、郷土の南画家:藤瀬 冠邨(ふじせ かんそん)が創作活動をした画室だそうです。



638.♪♪夏は来ぬ♪♪
名前:モノグサ@管理人さ〜ん    日付:5月31日(火) 19時5分
Original Size: 560 x 332, 82KB Original Size: 560 x 419, 133KB Original Size: 560 x 399, 74KB

某私立大学の寮ですが、生垣のバラが見事です。


633.二日市温泉の周辺の風景  
名前:モノグサ@管理人さ〜ん    日付:5月30日(月) 22時47分
Original Size: 640 x 480, 95KB Original Size: 580 x 434, 87KB Original Size: 435 x 580, 88KB

(写真1)
昨日午後、二日市温泉の御前湯に行ってきました。
日曜日の御前湯は、あいかわらず大勢のお客さんで ごった返していました。

(写真2・3)
天拝公園にも寄ってみました。ここも花菖蒲が きれいなところですが、
まだ ようやく一輪咲いていただけでした。



634.二日市温泉の周辺の風景
名前:モノグサ@管理人さ〜ん    日付:5月30日(月) 22時49分
Original Size: 580 x 434, 48KB Original Size: 580 x 434, 63KB Original Size: 435 x 580, 101KB

(写真1)
九州自動車道のぼり。高速バスの筑紫野停留所。向こうに見える山は四王子山。
バス停は、二日市温泉のすぐ近くです。
九州内を公共の交通機関で移動しようとすれば、鉄道よりも高速バスの方が便利だったりします。

(写真2)
向こうには、くだりのバス停と大観荘が見えます。

(写真3)
二日市温泉近くの高速道路標識。山口まで、ここから164km!


620北野温泉情報  
名前:917    日付:5月28日(土) 18時31分
Original Size: 320 x 240, 30KB Original Size: 240 x 320, 29KB Original Size: 320 x 240, 23KB

6月1日にオープン(一部)するのでは、との噂を聞きつけ調査へ
8:00到着、先客3名内1名はネットでは結構有名人(新聞でも紹介された方)久留米を本拠地に北部九州の家族風呂を専門に扱ってある方
私はわかったが先方はわかるはずもなく・・・
ご挨拶は次回にしました^^;
マターリ1時間ほど入浴、帰りに当てにならない受付の方に状況を確認
※オープンは6月7日を目標にしているとのこと
※既存の施設についてはどうなるのか未定・・・相変わらずですな
※会員募集中だそうです(詳細は写真の通りです)
相変わらずよか湯でした



621.Re: 北野温泉情報
名前:モノグサ@管理人さ〜ん    日付:5月28日(土) 23時35分
うわぁ〜なにやら庭園もできて、温泉施設らしい姿を現しているんですね。
で、会員制度が導入されるんですか。しかし、なんで5月いっぱいで募集が締め切られるんでしょう?
それ以降は、回数券11枚つづりで5000円、という感じになるのかいな。

それにしても北野温泉の情報は、錯綜してます。
受付の方が よくわからんのだったら、ましていわんや客をや、ですわな。
いつだったか、私が行って受付のおばちゃんに家族風呂をつくるのかときいたときは
その予定は無い、と はっきり言われてたしなぁ。
予定は未定で決定ではない(流動的)ということか。
既存施設、以前は取り壊す旨言っておられたけれども、そういう曖昧な言い方だったら
保存される可能性も浮上してきたってこと????


627.Re: 北野温泉情報
名前:gb    日付:5月29日(日) 21時1分
特別会員の金額を眺めていると、
改装オープンする北野温泉の新料金は、
500円ぐらいになるみたいですね。
300円から500円、
いろんな施設ができるんでしょうから仕方ないのかも。

あの、丸い浴槽は残るんだろうか・・・
それが気がかりです。

http://www.geocities.jp/gb_spa/


629.残してもらいたいなぁ
名前:モノグサ@管理人さ〜ん    日付:5月29日(日) 21時27分
新北野温泉をご利用の方は500円、旧北野温泉をご利用の方は、300円〜!…なんてことは、夢なんでしょうね。
取り壊してしまうには、いかにも惜しいと思うのですけれど。


630.Re: 北野温泉情報
名前:917    日付:5月29日(日) 21時29分
既存の施設はたぶん残らないのではないかと・・・
以前聞いた話だと今の施設を残すと新施設の利用が伸びないのだとか
それにしても新施設覗きましたが凄い今風でした
今とのギャップありすぎのような・・・


631.今風
名前:モノグサ@管理人さ〜ん    日付:5月29日(日) 21時51分
ギャップあり過ぎですか・・・・・。
お湯は掛け流しという話ですけれど、湯の質は、維持されるんでしょうかね。それを期待したいところですけれど。
しかし、当然ながら、今の内湯ぐらいギンギンの熱い湯は、無くなるでしょうね。
あつ湯好きとしては、さびしいなぁ。

619.福岡市中央区にて  
名前:モノグサ@管理人さ〜ん    日付:5月28日(土) 0時42分
Original Size: 640 x 354, 68KB Original Size: 480 x 640, 100KB Original Size: 640 x 480, 121KB

自転車で天神まで往復する道すがら。

(写真1)
福岡市中央区白金にある福岡県知事公舎の門です。

(写真2)
福岡市中央区天神です。
長らく続いた地下鉄3号線&地下街工事が今春ようやく完了し、渡辺通は、かなり すっきりして感じられます。
福博の町並みも、どんどん変化しています。

(写真3)
警固公園(けごこうえん)です。西鉄福岡駅の すぐ横にある公園です。
ここが新しくきれいになって、もう何年が経つでしょうか?
「水のカーテン」云々で水が滝となって落ちてきているのですが、上手に写せませんでした。


607大分県シンポジウム「湯の国おおいた 利用者にやさしい温泉宣言」への参加報告  
名前:モノグサ@管理人さ〜ん    日付:5月26日(木) 0時27分
Original Size: 640 x 480, 97KB Original Size: 480 x 640, 104KB Original Size: 609 x 430, 80KB

(写真1・2)会場となった べっぷアリーナ(別府市青山町)
(写真3)会場の後方に展示されていた別府のきれいな宣伝ポスター
********************************************************************

5月24日温泉法施行規則改正にあわせ、大分県別府市にて、「湯の国おおいた 利用者にやさしい温泉宣言」という大分県主催のシンポジウムが開催

されました。

滅多に無い機会なので、高速バス往復で日帰りで別府まで聴きに行き、大変有意義な時間を過ごすことができました。著書を読んでいるより、直接ご本

人の話を聞いた方が わかりやすく、色々と勉強になりました。白熱した話が続き、予定時間を45分オーバーし、16:15に閉会しました。

松田教授や郡司さん、齋藤さん、今の黒川温泉繁栄の礎をつくったことで知られる新明館の後藤さんなどの姿をフロアーの間近で拝見できただけでも感

激です。松田教授や郡司さんの本、そして大分県の温泉めぐりの際バイブル代わりにしている斎藤さんの本を持ってきていたら、もしかしたらサインが

もらえたかもしれないのに、残念!

そうそう、外戸本の花田伸二編集長(『ハナダ・オンセン・パラダイス』などの著書あり)の姿も見かけました。



608.フロア展示
名前:モノグサ@管理人さ〜ん    日付:5月26日(木) 0時29分
Original Size: 640 x 480, 91KB Original Size: 624 x 384, 79KB Original Size: 423 x 630, 119KB

(写真1)
会場後方には、大分県内の温泉地のポスター、温泉カルテのパネル展示がされていました。

(写真2)
県産のモウソウチクを使った「温泉冷却装置」の説明に 大勢の関心が寄せられていました。
塩田づくりをヒントにしたもので、源泉から引いた約100℃の湯を、加水することなく
夏場でも一気に50℃程度まで冷ませるとのこと。
4月17日の新聞ニュースで見たばかりです。

(写真3)
温泉カルテの実際を、初めて見ました。温泉の感覚評価などの項目がユニークです。



609.Re: 大分県シンポジウム「湯の国おおいた 利用者にやさしい温泉宣言」への参加報告
名前:モノグサ@管理人さ〜ん    日付:5月26日(木) 0時41分
Original Size: 640 x 480, 78KB Original Size: 640 x 480, 81KB

(写真1)広瀬勝貞大分県知事の挨拶 前方に黒く写っている頭は、右が松田教授、左が郡司さん
(写真2)浜田博別府市長による祝辞
********************************************************************

◆大分県庁ホームページより 
「湯の国おおいた 利用者にやさしい温泉宣言」の開催について
 平成17年5月10日
湯の国おおいた 利用者にやさしい温泉宣言(PDFファイル)

◆OBS大分放送動画ニュース
新しい温泉表示「温泉カルテ」をスタート 2分48秒(asxファイル、Windows Media Playerでご覧になれます。)

◆その他、温泉法施行規則改正や温泉カルテ、今回のフォーラム等に関する新聞記事は、雑談掲示板に転載しています。
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/sports/20598/1108577645/141-152n



610.基調講演
名前:モノグサ@管理人さ〜ん    日付:5月26日(木) 0時45分
Original Size: 480 x 471, 60KB Original Size: 480 x 640, 66KB

まず、「温泉の観察と表示の関係」について、郡司勇氏による基調講演です。

「温泉は、鮮度が一番」という話を、繰り返しされました。循環式の温泉は、いわば宴会後の飲み残しのビールを又出ししているようなもの、燗冷ましを再度出しているようなもの、というたとえも。

また、自分は この20年間、温泉の色、匂い、味、感覚の観察と記録を続けてきたが、それが今回の温泉カルテでは誰にでもわかる形で表現されることになり、大変良い試みで評価できるとおっしゃっておられました。
郡司さんも別府八湯温泉道の名人のお一人ですが、今まで別府で入った温泉は約200にのぼるとか。オンパクの講師を勤めたことなど別府とのかかわりの話などもあり、さらに後半はスライドを使って、色の美しい温泉、泉質の良い温泉などそれぞれの分類で全国の温泉ベスト10の紹介もありました。

郡司さんも、温泉Gメンのメンバーの一人だそうです。この日は、朝大分空港に着いた後、さっそく鉄輪温泉で入湯して温泉Gメンとしての仕事をこなしてこられたそうです。
そういえば、郡司さんのリュックには、白いタオルが結び付けられていました。



611.温泉カルテについての報告
名前:モノグサ@管理人さ〜ん    日付:5月26日(木) 0時47分
Original Size: 446 x 496, 35KB Original Size: 640 x 480, 92KB

続いて、別府八湯温泉品質保証協会の齋藤雅樹さん(温泉Gメン)より、スライドを使って温泉カルテについての報告がありました。
温泉カルテには、法律で表示を義務化された項目以外に、別府市が自主的に表示に取り組む項目があるのが特徴です(浴槽の温泉分析書、ヘキサグラム・グラフ、温泉Gメンによる感覚評価)。この別府市独自部分は、現在、特許出願中とのこと。
主となる温泉成分のグラフやヘキサグラム、泉温グラフの見方についての わかりやすい解説もありました。

余談ながら、齋藤さんのカバンには、黄色いケロリン桶のミニチュアのキーホルダーが ぶら下がってました。



612.パネルディスカッション
名前:モノグサ@管理人さ〜ん    日付:5月26日(木) 0時56分
Original Size: 802 x 429, 56KB

引き続き「これからの温泉地に求められるもの」をテーマにしたパネルディスカッション。5人のパネリストからは、温泉カルテを評価する声が相次ぎ、活発な意見が交わされました。特に私には、松田教授の熱弁は印象的でした(笑)

鶴田氏によれば、「温泉名人」の“名人”を引っくり返して温泉“Gメン”だとか。本当かな、冗談かな!?!?500ヶ所以上の入湯経験があり、泉質に自信を持つ10名が覆面で調査に当たっているそうです。氏名は非公開です。うち2名は斎藤氏と郡司氏。

鶴田氏からは、松田教授に対し、温泉Gメンのやっている仕事の評価をする「名誉Gメン」に就任していただけないか、という話も飛び出しました。松田教授からは、大分県が本気であるという証として 知事・市長も「名誉Gメン」になるという条件下であれば、お話を受けしましょう、という発言のされた一コマもありました。実現すれば面白ですね。

以下、それぞれのパネリストの方の話を まとめてみました。大変荒っぽいまとめ方で恐縮ですが。



613.パネルディスカッション
名前:モノグサ@管理人さ〜ん    日付:5月26日(木) 1時0分
Original Size: 609 x 400, 56KB

◆札幌国際大学観光学部 教授  松田 忠徳 氏

温泉文化を一言で言えば「信頼関係」。温泉の世界で情報開示をせずとも今まで やってこれたのは、消費者と温泉業者との間に「信頼関係」があったからこそ。ところが昨年来の報道で明らかになったように、一部により、その信頼関係が破棄されてしまった。また、時代の流れもあり、この世界でも やっと情報開示が進むことになった。

今回の別府の取り組みは勇気あるもので、全国的に見ても進んでおり、群馬を抜いたと感じている。24日にあわせて このような催しを開催しているのは おそらく大分県だけであり、その心意気だけでも評価できる。この取り組みが実りある結果につながるように期待する。

別府が苦戦している原因は、他の温泉地と同じ土俵で相撲を取ってきており、まったく個性を殺してきたところにある。自分たちの土俵で戦っていかなければならない。その点に若い経営者たちが気づき、意識を持って取り組み始めていることは、喜ばしい。

別府の温泉カルテの今後については、以下のような点を指摘したい。

「にせもの」の温泉とは、温泉法の法律に則っていないもの、利用許可証の掲示がないものを言い、これは問題外。
一方、「本物」に対する「まがいもの」の温泉とは、たとえば加水・加温・薬剤や入浴剤の投入など、温泉法2条の定義から外れるものを指す。分析書に一番近い状態の温泉に入れるかどうかが重要であり、浴槽の分析書を掲示することを提言してきたが、今回の温泉カルテには 浴槽の分析書があり、これは満足されている。しかし、レジオネラ菌の項目は不足。換水の状況含め、もっとしっかりした表示をしてもらいたい。

実際に出向いて入浴し、そこで初めてカルテを見て知るだけではなく、Web上や玄関先などにも温泉パネルを公開し、客が入浴する前に選べる情報を提供することが重要。

昨年から「加水率」という言葉を使っているが、今回の環境省の法改正には不備もある。たとえば国が「スポイト温泉」を公然と認めたとも言える。加水を明示し、その理由を書けば加水でも良いと言っているように私は解釈する。これは、大きな危機。別府は そうでないことを明示することにより、他の温泉地に勝てる。環境省の取り組みのそのような弱点を見て、そこを逆に強みに変えていくことが、大きなヒントになる。

温泉の客の主役は、老人ではなく20代、30代の若者。老人は50年後には来てくれない。若い世代と向き合い、いかに取り込めるかが重要。

改正温泉法では罰金30万円の項目なども設けられているが、その監視を誰がするのか、という問題。せっかく このような取り組みをしているのに、どこかで不当表示など信頼関係を裏切る行為がなされれば、水泡に帰す。しっかりした監視体制を確立すること。



614.パネルディスカッション
名前:モノグサ@管理人さ〜ん    日付:5月26日(木) 1時4分
Original Size: 639 x 400, 51KB

◆JTB九州営業本部 チームマネージャー  熊野 潤一 氏

昨年の偽装問題騒動以来、「温泉とは」という定義を含め、たとえば「源泉掛け流し」など、言葉がひとり歩きしてしまい、客が実際に求めているものとの乖離も見られた。

温泉カルテは、以下の点で評価できる。
・誰にでも わかりやすい。(温泉分析書は、難しい。)
・元気な別府を見せつけられる良い材料となる。
・客の不信感を払拭できる。
これは、今日のシンポジウムの題のごとく正に「利用者にやさしい」ものである。

今後の取り組みの課題としては、情報のプロモーション(宣伝・告知)を如何にしていくか。いくら温泉カルテを作っても、知られなければ意味が無い。
最近の別府には元気が感じられる。客と向き合い、客のニーズへの素早い対応を持続してもらいたい。


◆黒川温泉「山の宿 新明館」代表取締役  後藤 哲也 氏

50年間毎日勉強し、どうしたら温泉らしく見えるかを追求し続けてきた。

何か魅力が無いと、客は来てくれない。この温泉カルテは、別府の魅力になり得る。
客が温泉を評価する場合、一軒だけではなく、その温泉地全体を評価の対象とする。気持ち良い、感動ある温泉地づくりには、町一丸となった取り組みが必要である。黒川温泉は、全体で町づくり、温泉地づくりを進めている。別府も、一体となって取り組んでもらいたい。



615.パネルディスカッション
名前:モノグサ@管理人さ〜ん    日付:5月26日(木) 1時5分
Original Size: 551 x 400, 45KB

◆別府温泉「ホテルニューツルタ」 代表取締役社長   鶴田 浩一郎 氏

今回の取り組みの切っ掛けは、お客様にある。

・レジオネラ菌問題、温泉偽装問題に端を発するお客様の不信感の払拭と信頼回復。
・別府の温泉の良さをアピールしたい。
・天然温泉、源泉掛け流し…言葉の混乱が見られる

この3年間悩み続けてきたこのような問題をすべて解決できたのが「温泉カルテ」であり、お客様にわかりやすいものになった、と自負している。ここまで徹底することには、色々苦労も多かった。

今回の表示により、温泉(お湯)そのものに対して客の関心が向くのではないかと期待している。
温泉の質の保持、温泉資源の保護含めて今後も取り組んでいかなければと思っている。本日22ヶ所でスタートした温泉パネルの掲示だが、いずれは80軒ぐらいにまで普及していきたい。


◆温泉研究家 郡司 勇 氏

客の一人としては、温泉カルテは大変嬉しいことであり、温泉カルテに「満点」をつけたい。
別府は豊富な源泉と湧出量を誇っている。その源泉を大事に使うことを提言したい。



616.感想
名前:モノグサ@管理人さ〜ん    日付:5月26日(木) 1時8分
(私もぐさの感想)
今回、県が音頭をとってこのような取り組みがされることは消費者として喜ばしく思います。
しかし、それを実際に実施すべき旅館業者・温泉事業者の方の「やる気」が どの程度なのか、不安に感じる面もあります。今まで温泉めぐりの中で色々な施設を回ってきて、ゆゆしき事態だと感じることも色々ありました。別府市においても、しかりです。県には、行政と現場との温度差を無くすべく、現場の啓蒙を強くお願いしたいと思います。せっかく立派な制度ができても、それが末端にまで周知徹底され、普及して本当に利用者が満足できるものとならなければ、意味がありませんから。


617.いいなー
名前:917    日付:5月26日(木) 12時31分
行けるものなら行きたかった
大変興味深く読ませて頂きました
で気になったのは郡司氏のベスト10てどこかしら?


618.ちょいと待って!
名前:モノグサ@管理人さ〜ん    日付:5月26日(木) 14時21分
郡司さんのベスト10温泉は、5分類ぐらいで、それぞれ10湯ずつ、合計50湯ほどの紹介があったかな?
講演のレジュメをもらったので、それに色々グチャグチャとメモってたのですが、実は、頂戴した資料を人んちに忘れてきてしまいました(鬱
さすがに空では全部覚えてません。レジュメを取りに行った後、今月中には再度書き込みます。

なお、スライドに使われた写真は、『一湯入魂温泉』などの彼の著書でほとんど見られると思います。

581H17 5月 俵山温泉 川の湯  
名前:山口    日付:5月21日(土) 8時35分
Original Size: 640 x 480, 87KB Original Size: 640 x 480, 100KB

町の湯とともに俵山の両輪として親しまれてきた湯。
町の湯と同額の340円。
貴重品ロッカーもあります。
管理のおじいさんに「ごゆっくりどうぞ」と丁寧に。

写真1が今回入った浴槽。
湯口無し。浴槽内横から湯が横へ噴射している。
はげしく吸入している穴が噴射口と対角の場所にあった。
湯面はオーバーフローどころか、浴槽の一番上から3cmくらい下でとまっている。
湯面には、垢がたくさん浮いている。

写真2は湯口のある浴槽。
ごらんの通り湯は抜かれている。
少し濡れたあとがあるので、夜は入っているのかもしれない。

他のHPでのここの評判は良かった。町の湯より高い評価をしている人もいた気がする。
しかしその評価も2〜3年以上前の記録である。
いまは川を眺めながらの良泉のオーバーフローは体験できない。
現在、俵山の源泉100%の掛け流しを体験できるのは
町の湯の源泉浴槽か、立ち寄り不可の、旅館の持つ自家源泉のみであろう。

ここの斜め向かいに新しくできた施設により、川の湯の湯量が減り
営業時間も変わったことはよく見る話。

管理のおじいさんの先の言葉が自分にはつらかった。
帰りもおじいさんは丁寧だった。
自分には深くおじぎするしかできなかった。



591.残して欲しい川の湯
名前:モノグサ@管理人さ〜ん    日付:5月22日(日) 16時18分
写真とレポを拝見し、愕然とするばかりです。
町の湯、川の湯ともに、源泉100%の「1号泉」の湯船、
1号泉からあふれ出た湯をためて半循環させている「2号泉」の湯船と2つの湯船から成ります。
川の湯の掛け流しは無くなった、と何かで読んではいましたが、1号泉の浴槽が こんなに無残にも空にされているとは!

以下は、ある雑誌で読んだことの受け売りになりますが、源泉は町内に5つ(町の湯、川の湯、正の湯、森の湯、河内湯)。
しかし5つの源泉の湧出量を合わせても200g/分と限られているため、ほとんどの宿は内湯を持たず、
宿泊客は「町の湯」と「川の湯」の2つの共同浴場に通うことで 源泉を守ってきたといいます。
昭和30年代後半には、湯量を増やすためにボーリングをして新しい源泉を掘る計画が持ち上がり、
山口県の温泉審議会の許可まで取り付けていたものの、それが源泉にどんな影響を与えるかわからないと危惧した
旅館組合の温泉株主の反対で取りやめとなった経緯も。

今回2004年12月新しくオープンした「白猿の湯」の源泉は川の湯などから引くことになるので、
老朽化した「川の湯」の施設は閉鎖される方向で検討されているそうです。
言葉もありません。
日帰り客を取り込むための新しい取り組みと、古くから守り続けられてきた歴史や伝統と。
後者を大事にしてほしいと強く願うばかりです。歴史は、一朝一夕に 築けるものではありませんから。


606.宿泊客10年ぶり増加 俵山温泉 '05/5/24
名前:モノグサ@管理人さ〜ん    日付:5月25日(水) 19時33分
(中国新聞地域ニュースより転載)

 ▽昨年12万5900人 源泉掛流し人気

 古くから湯治場として知られる長門市の俵山温泉の人気が復活している。
昨年の宿泊客は約十二万五千九百人で、前年を約一万千人上回り、十年ぶりに増加に転じた。
温泉ブームで「源泉掛流し」が見直され、旅行会社が企画した湯治ツアーも追い風となった。

 俵山温泉には三十六軒の旅館があり、これまでは県内のほか広島、福岡県からの宿泊客が目立った。
ところが最近は、関西や関東方面などからの宿泊客も見掛けるようになった。

 旅館経営の岡本潤さん(64)は「東京や中部地方からやってきて、七泊から十泊するお客さんもいる」と喜ぶ。

 温泉街には「町の湯」と「川の湯」の二軒の共同浴場がある。
内湯がある旅館が三軒しかないこともあり、共同浴場を利用する宿泊客は多い。
四十年近く減り続けた両浴場の入浴客も、昨年は計約二十六万四千人となり、前年を約一万三千人上回った。

 復調の背景には、長野県の白骨温泉をはじめ、各地で昨年夏以降に発覚した入浴剤の投入問題がある。
両浴場を経営する俵山温泉合名会社の鷲頭信理事長(69)は「温泉客の目は厳しくなっている。
うちは紛れもなく、源泉掛流しを維持してきた」と胸を張る。

 一方、湯治ツアーは昨年二月に旅行会社一社が始めた。
地元の旅館組合や温泉会社によると、昨年十二月までに約一万人が、このツアーを利用した、という。
鷲頭理事長は「家族的なもてなしをする小規模の旅館が多く、湯治場として見直された」と喜ぶ。

 さらに、昨年十二月には複合型温泉施設「白猿の湯」がオープン。
今年二月には別の一社も湯治ツアーに参入し、復調傾向に拍車を掛けている。
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200505240002.html

600.キリ番「7100」でした  
名前:gb    日付:5月22日(日) 21時50分
モノグサさん 初めておじゃまいたします。
佐賀に住むgbと申します。
偶然、7100のキリ番だったらしく、祝福のメッセージが表示されたので
お礼の書き込みをさせていただきました。
こちらのサイトをお気に入りに登録していまして、ときより見させていただいていました。
画像がふんだんに使用されていて、見やすいサイトだと感じています。これからもちょくちょくよらせていただきたいと思います。
では、失礼します。

http://www.geocities.jp/gb_spa/



601.お祝い
名前:ものぐさ    日付:5月23日(月) 12時13分
。・:*:・°'★,。・:*:♪・°'☆。・:*:・°'★,。・:*:♪・°'☆。・:*:・°'★,。・:*:♪・°'☆。・:*:・°'★,
                         _____ \\             \      
    ――|―― \   \/ ̄\           /     \   /     ___    
     _|         /\   /        /        \/           \   .
    /  | ̄\      \  \/ |        |         /             /   
    \/  /       \/  /         |        \___      /     

。・:*:・°'★,。・:*:♪・°'☆。・:*:・°'★,。・:*:♪・°'☆。・:*:・°'★,。・:*:♪・°'☆。・:*:・°'★,


gbさん、はじめまして。書き込み、ありがとうございます!
下手クソこの上ない“ものぐさ写真整理帳”に過分なる言葉をいただき、恐縮しております。
今後とも、どうぞ長い目で【生暖かく】見守ってやってください。今後とも、よろしくお願いいたします。

さて、申し遅れましたが7100ゲット、おめでとうございます!
あいにく何の記念品も用意しておりませんが、いつか将来、私の自宅の庭に温泉を掘った暁には、
キリ番取られた皆様をMy温泉にご招待することにしています。
ええ、賃貸集合住宅のウサギ小屋住まいの私には、正に【幻の温泉】でございまして、
実現するより gbさんや私の命が尽きる方が早い悪寒もしますが、楽しみにお待ちくださいw


602.ご登場
名前:917    日付:5月23日(月) 22時2分
gbさん
お待ちしてましたー
色んなとこでニアミスしてたようです
是非こちらでも常連さんになってください
なかおっちさんサイト休業されたようで寂しいです
この季節バイク最高でしょうね^^


603.自前温泉を楽しみにしております
名前:gb    日付:5月23日(月) 22時3分
でかい祝福の言葉、ありがとうございます。非常に感動しました。
モノグサさんのご自宅温泉への招待を楽しみにお待ちしております☆

http://www.geocities.jp/gb_spa/


604.917さん はじめまして☆
名前:gb    日付:5月23日(月) 22時22分
917さん はじめまして
ぼちぼちのマイペースで温泉を楽しませていただいているgbです。特に何もない佐賀に住んでおります。
温泉もですが単車も好きで、最近はホンダカブC90DXに跨って、大好きな温泉へ行くのが楽しみになっております。
なかおっちさんのサイトが閉じられて、とても寂しく残念に思っています。長崎の情報は非常に少なくて、とても参考にしていましたから・・・
モノグサさんのサイトは画像たっぷりで、温泉のイメージが良くわかりとても参考になります。ちょくちょく寄らせていただきたいと思います。今後とも宜しくお願いしま〜す。

http://www.geocities.jp/gb_spa/


605.くじ運の無い私ながら
名前:ものぐさ    日付:5月23日(月) 22時48分
(´-`).。oO(MyHome購入資金+温泉掘削資金のために、宝くじ購入しようかしら)

車が4個ついていても ヨタヨタ、オタオタと走っている私には、
車輪たったの2個を操って、風のように自在に走り回る単車乗りの方の姿が、神様のように見えます。
今の時節は、ツーリングも さぞかし気持ちよいことでしょう。

あちこちに度々書いていることなんですが、こういう場でもないと写真撮るだけ撮っても、
元来が不精なもので、ほったらかして整理しないもので(汗
加えて、悲しいかな、さらに貧相な文才。
下手な言葉を百尽くすよりも、2次元の写真一枚見る方が、まだ伝わるか、と。
下手の何とやらで、何枚撮ろうが一向に上達しないのが情けない限りです。

※917さん=シングルパパさん 何故かここでは生年月日らしい。

598熊本県北 温泉めぐり   2005年5月22日  
名前:モノグサ@管理人さ〜ん    日付:5月22日(日) 18時33分
Original Size: 640 x 480, 72KB Original Size: 480 x 640, 100KB Original Size: 640 x 480, 98KB

熊本県北の温泉を回ってきました。

@草枕温泉 てんすい(写真1)
 眺望の良さで知られる温泉ですが、あいにく霞んでました。ぼーんやりと雲仙の姿がわかるかな?

A河内温泉 かもと湯(写真2) 熊本市
ぬるい夏向き温泉です。女将さんの話によると、分析書では36.4℃になってますが、夏場は37℃ぐらいとのこと。
皆さん、のべーーーーーっ、だらーーーーーっと 湯船に浮いてました。

お湯が素晴らしいと感心してたら、女将さん、こちらが昔から使われている源泉だと
炊事場の水をコップに汲んで飲ませてくださいました。
現在、風呂で使っている源泉とは、別になるそうです。
風呂の源泉より やや温度が低く、現在は炊事や洗濯などに使用とのこと。

無色透明の クセの無い やわらかい温泉。
しかし、実際はサラサラした湯ですが、口に含むと、トロンと粘っこく広がり喉に絡みつく感じがします。
郡司さんは、これを「微こく味」と表現しておられたと思います。
ペットボトルに汲んでくださったのを土産にもらってかえりましたが、焼酎を割ってみたら、まろやかで美味!

B河内温泉 広田温泉(写真3) 熊本市
源泉は かもと湯よりもさらにぬるい。温泉いうより、ほとんど ぬるまった水風呂いう感覚です。
猛烈な勢いで掛け流され、洪水状態でした。



599.熊本県北 温泉めぐり その2
名前:モノグサ@管理人さ〜ん    日付:5月22日(日) 18時37分
Original Size: 580 x 434, 98KB Original Size: 580 x 434, 67KB Original Size: 580 x 434, 71KB

C山鹿温泉 旅館 末廣(写真1)
旅館の温泉ですが、公衆浴場として使われています。入浴料金150円也。
こちらの源泉35.4℃。ぬるいですねー。

D山鹿温泉 かみの湯(写真2)
源泉37℃。ぬるいですねー。夏場は40℃まで加温とのこと。汗かかず、長風呂できます。
同じく入浴料金150円也。

E幸の国健康温泉館 ゆ〜かむ
917さんのレポの下に、写真貼り付け。


596漱石の風呂     熊本県玉名郡天水町  
名前:モノグサ@管理人さ〜ん    日付:5月22日(日) 18時28分
Original Size: 800 x 511, 184KB Original Size: 580 x 434, 111KB

「山路を登りながら、こう考えた。
 智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。兎角に人の世は住みにくい。」

ご存知、夏目漱石『草枕』の冒頭。
この草枕の舞台になっている天水町には、漱石が旧制五高教師時代に一時滞在した前田家別邸があります。

西日本新聞(5月7日)にて、小説の題材にもなっている“漱石の風呂”が修復され、公開されたと読み、
見に行ってみました。
当時は珍しいとされていたコンクリート造りの男女の浴槽(いずれも縦約2.7m、横約1.8m、深さ約60cm)。
この浴槽に漱石も実際に入浴したと思うと、感慨深いものがあります。
ただし浴室には おりられないので、見学は上から見下ろす格好になります。



597.漱石の風呂     熊本県玉名郡天水町
名前:モノグサ@管理人さ〜ん    日付:5月22日(日) 18時29分
Original Size: 580 x 434, 78KB Original Size: 435 x 580, 67KB Original Size: 580 x 434, 54KB

天水町HPより

●「草枕」の舞台・前田家別邸が落成開館
2005年4月24日。従来の「離れ」(漱石館)に加え、解体修復を終えた小説に登場する「浴場」の一般公開が始まりました。
9:00〜17:00、入場無料、P2台、トイレなし。
<問い合わせ先:草枕の里振興課 TEL:0968-82-3111 >


585東京レポ  
名前:917    日付:5月21日(土) 15時38分
Original Size: 240 x 320, 15KB Original Size: 240 x 320, 28KB Original Size: 320 x 240, 24KB

最近東京への出張が増えました
原因は、勤め先の会社がよせばいいいのに東京への本格進出をもくろみ始めたから
今も東京には支店があるのだが本腰を入れるため増員を計画中
そうなると新しい大きなオフィスを用意する必要があり現在物色中なんです
それでいい物件が出ると見に行ってるわけです
てなわけで・・・レポ
1.機内では電子機器のお取扱いはご遠慮ください
2.六本木ヒルズ
3.新宿南口



586.東京レポ2
名前:917    日付:5月21日(土) 15時43分
Original Size: 320 x 240, 30KB Original Size: 240 x 320, 30KB Original Size: 240 x 320, 28KB

4.新宿南口にある宮崎県のアンテナショップ「宮崎館」
5.先日泊まった板橋は新撰組縁の地「近藤・土方の墓」
6.「永倉新八の墓」



587.東京レポ3
名前:917    日付:5月21日(土) 15時52分
Original Size: 320 x 240, 21KB Original Size: 240 x 320, 24KB Original Size: 320 x 240, 29KB

東京時代は埼京線(埼玉〜東京)で通勤してました
新宿→池袋→板橋→十条(3っつ目の駅)に住んでました
7.十条駅前
8.十条商店街入口
9.おでんや(こっちじゃあまり見かけないおでん専門店)



588.東京レポ4
名前:917    日付:5月21日(土) 16時2分
Original Size: 320 x 240, 31KB Original Size: 240 x 320, 24KB Original Size: 240 x 320, 29KB

東時代の行きつけの飲み屋
10.住んでたマンションの真ん前にあったスナックお婆ちゃんが一人でやってました、よ
   たまにマンションまでご飯持って来てくれました、私が転勤と同時に店閉めましたT。T
11・十条駅前の酒場(こういう言い方の店少ないです・アド街の取材の時、私さくらで出ました^^;)
12.新宿では「宮崎館」ともう一つここに行ってました
   わかりずらいですが「やきとん」と書いてあります
   あちらでは焼き鳥ではなく焼き豚が主流です



589.東京レポ@おまけ
名前:917    日付:5月21日(土) 16時11分
Original Size: 240 x 320, 22KB Original Size: 320 x 240, 30KB Original Size: 320 x 240, 27KB

会社であせって作ってますので誤字脱字はご容赦下さい
13.新オフィス候補地からの眺め
14.板橋の新撰組お墓
15.私が住んでたマンション

以上で東京レポを終了しまーす



594.おのぼりさん
名前:モノグサ@管理人さ〜ん    日付:5月22日(日) 17時10分
わお!昨今何かと話題の六本木ヒルズの写真だけお願いしてたら、こんなにたくさんの写真、ありがとうございます。
飛行機での携帯電話の電源入れての富士山、あっぱれw 絵葉書にしたい美しさ。
国会議事堂も、しっかり写ってますねー。
大河ドラマが新撰組だった昨年は、その ゆかりの場所を訪ねる観光客も多かったことでしょう。
(苦戦の視聴率は、さておいて。)
私は新撰組ゆかりの地には、まだ行ったことがありません。

新しいものと、古いものが渾然一体の東京。
随分行ってないなー。福岡からは、ドル箱路線。時間的には わずか1時間半と近いんですけどね。

583チラシ裏の日記  
名前:山口    日付:5月21日(土) 8時48分
Original Size: 480 x 640, 99KB

変わりゆく俵山
変わりゆく自分

H16年、12月に俵山、町の湯に訪問している。
まだ駐車場はグラウンド跡地で、地面だった。草も生えていた。
古びたバスケットボールのゴールが立っていた。
川の湯ななめ向かいでは施設建設の工事をしていた。

今回の訪問時、駐車場はアスファルトに、きれいに舗装されてあった。
古びたゴールは残されていた。

自分はまだ50施設も入湯していない、温泉通もどきの痛い人間である。
温泉を好きになって1年もたってない。
だから、俵山の10年前を知らない。
俵山の固定客でもない。お金もほとんど落としていない。
もちろん、俵山に住む人に自分は関係していない。
自分には発言権などない。

白猿の湯は温泉に興味のない頃だったら良く感じられただろう。
しかし、ある程度いい湯を知ってしまったらもう戻れなくなった。
12月の自分とは変ってしまった。
白猿の湯は他のどこでも作れたろうに。よく見るような施設だ。
川の湯はいい温泉だったのだろう。残念である。

古びたバスケットのゴールが残されたのには理由があるのだろうか。
地元の子が使っているのかな。
分かりませんね。



593.温泉哲学者
名前:モノグサ@管理人さ〜ん    日付:5月22日(日) 17時9分
時代の変遷、自らの内的変化…
温泉に入ることを通して、なにやら形而上的な哲学しておられる山口さん、ただ者ではなさそうです。
翻って、温泉に入っても、形而下的なことしか考えてない もぐさ。
読んでいて、なにか初心にかえらせていただきました。

痛い、って、1年で濃い温泉50湯もこなしていれば、十分ではないか、と。
1000湯、2000湯と入っている人だって、皆、1湯から始まっているんだから。
ちなみに私も、自分が入った温泉の記録と数を取り出して、そんなに年数経ってません。
山口さんの年齢のときに入った温泉なんて、まったく記録無し。
温泉は昔から好きで、鄙び系温泉に入るのに抵抗を覚えたことはまったく無いのですが、
それでも はしごしたり記録を取ったりなんて発想、昔はまったく持っていなかったのです。
そういえば、連れは、昔は「小さい共同浴場は、地元のジジババの町内会になるから、嫌だ。」云々ぬかしていましたよw
それが、今では一人前に「共同湯が、一番落ち着く。スーパー銭湯もどき温泉は、嫌だ。」なんて言ってます。

俵山温泉は、私が行ってる一番最近が2004年3月です。駐車場は、地面でした。
駐車場まで立派になったんですね…

582H17 5月 俵山温泉 白猿の湯  
名前:山口    日付:5月21日(土) 8時40分
Original Size: 640 x 480, 103KB

鄙びた風情で歳月を重ねてきた名湯・俵山。
この狭い通りにに新しくできた施設。実に新しい。
入り口は階段を上って2階。(写真右側)
車椅子や足の弱い方用にエレベーターもある。
スロープやバリアフリーなど、実に優しい設計。
券売機で700円。そのボタンも実に大きく、分かりやすい。
脱衣所もきれい。鍵つきロッカーを使用できる。遠くから来ても安心。

浴室は広い。内湯は2つ。(浴槽の写真はありません)
一号浴槽はぬるい温度。湯口からの湯ににおい無し。
浴槽底には吸湯口があり、たまたま踏んでしまった足が吸い付いた。
オーバーフローは少なめ。
浴感はヌルっとしてました!なるほどの泉質。
二号浴槽は普通の温度。他は一号と同じ。
あ、あとマイクロバブル?なるものの発生装置が
こちらには2つ後付けで設置されていました。
何だか体にいいそうな。

露天がありました。
放散熱を考慮してか、熱めの湯が浴槽内から横に噴射されています。
内湯よりも強く足が吸い付くところがあります。
オーバーフローはありません。

あぁっと、大事なことを忘れてました。

こちらの施設は光触媒による殺菌システムを使用しているとのこと。
どおりで塩素のにおいもしなかったんだなぁ。

最新科学のサポート、今の流行にそった綺麗な施設。
そこへ流れるのは俵山の湯!しめて700円!






ハァ、なんで俵山につくったの?



592.釈然とせぬものが
名前:モノグサ@管理人さ〜ん    日付:5月22日(日) 16時32分
700円!ずいぶん強気な値段…。

延喜16年(916年)、薬師如来の化身である白猿の導きにより発見されたといわれる俵山温泉は
千年以上の歴史を持っており、江戸初期には既に温泉街が形成されていたといいます。
リウマチや神経痛に効く温泉として栄え、今も湯治色を濃く残すところ。

アメニティー重視の立派な施設が完成し、今、俵山温泉に始まった新しい歴史。
客が多い時期などは、町の湯・川の湯の既存の公衆浴場の1号泉(源泉掛け流しの湯船)につかれない客が
あふれることもあったそうですが、果たして、本当に必要な施設だったのだろうか?と疑問が残ります。

まだ実際に見にいったわけのではないですが、ペット用温泉まである立派な施設が、
俵山温泉の鄙びた湯治場の雰囲気に しっくりと とけこんでいるんでしょうか…。

576.>温泉美味しんぼ様  
名前:モノグサ@管理人さ〜ん    日付:5月18日(水) 23時34分
Original Size: 640 x 480, 98KB Original Size: 640 x 480, 82KB

(カラムが長くなったので、分けます。)
(写真1)加田の湯 玄関 (写真2)頓原温泉 琴引荘の湯船
**********************************************************

加田の湯は、ボシケン時代を知らないのですが、秘湯と言われた昔はどうだったんですか?
新しい施設に生まれ変わり、私が行ったときには随分大勢の人で賑わってました。
般若寺温泉。行きたかったが時間が無かったーヽ(`Д´)ノウワァァァーン!!
いつか行かれたら、どんな感じなのか、ぜひ教えてください。

さて、別府。温泉めぐりと地獄めぐりをあわせてされたようで、お疲れ様でした。
血の池地獄の後に塚原まで飛んでるのが何故か、いまいち よくわからんのですがw
数えてみたら、今年1月現在で温泉道対照施設は、9ヶ所。初段達成おめでとう!…かいな?
ちゃんとスタンプ集めてますか?
私も昨年の夏ごろ、集中して温泉道修行したんですが、一日の入湯数14湯、15湯が当たり前でした。
最高が19湯。まだ暑い盛りだったから、別府の熱い温泉は汗が引かなくて、きつかったです。
しかも、ご存知のように開いてる時間が結構バラバラ。効率よく回るには、事前の下調べと計画が重要。
その計画もまた楽しかったですけどね。

そういえば、今年度の新しい温泉本見てたら、一日で70湯以上回ったツワモノがおるそうな。
今まで一日で61湯、2日で名人達成という阿部滋信さんが作った記録が最高とされていましたが、
それに挑戦したんですと。もう、こうなったら、奇人変人(以下略

別府を回ってると、大阪や関西からフェリーで来たという方と、結構お会いするんですよ。
温泉美味しんぼさんも、別府八湯温泉道名人目指してみては、いかが!?
…と、別府の話題を振られると、いつも長くなってしまいます。



578.Re: >温泉美味しんぼ様
名前:温泉美味しんぼ    日付:5月19日(木) 23時56分
Original Size: 400 x 300, 51KB

母子健時代は実は知りません!ただ、千原に初めて行った時に一緒だった人が「ええ温泉」って言ってたので印象に残って調べて「今度行こう」と思ってたらなくなっちゃったって次第です。加田の湯も人気の施設のようですねえ。
般若寺温泉、行きたいですねえ。
別府の件ですが、途中で雨が降り出しまして(どこが晴れ男だ?)、「あの辺まで行くと、雪になっちゃうかも」ということで手遅れにならないように先に行くことにしたんです。是非行っておきたい温泉でしたんで。
スタンプは集めてません!ミーハーな温泉ばっかり巡ったので、温泉道は今度行くときに取っておきます。
なんと、一日19湯とは!去年、草津に行った時に共同湯15湯制覇しましたが、どこがどんなお湯だったか思い出すのも難儀でしたですねえ(笑)。でも熱いときに熱いお湯はしんどいですよねえ。露天はアブが出るし。今年は夏はぬるい内湯でまったり〜とできるところに行きたいなって思ってます。
温泉めぐりは計画を立てるときが一番の楽しみです(笑)。具体的な距離とか時間を考えながらいかに効率よく回れるか。でも、気に入ったところがあれば、大幅にずれちゃいますけど(笑)。
金曜の夜に出ると、関西から別府はちょうどいいですもんねえ。別府温泉道は泊りこんでどうかなって感じ、車中泊はいやだけど(笑)。
フェリー使ったら、そのまま湯布院も行けるし、高速乗ったら雲仙でもOKとか妄想スケジュールはたくさん頭の中にあります(笑)。
写真は塚原温泉・火口乃湯です。ここは再訪したいです!

http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=manonsen



579.九州にも、また、ぜひ
名前:モノグサ@管理人さ〜ん    日付:5月20日(金) 21時46分
Original Size: 600 x 449, 97KB Original Size: 450 x 600, 111KB

加田の湯は、縁には既に析出してますもんね。まだ施設は新しいのに、驚きました。
塚原温泉は、人が多く、なかなか湯船の写真が撮れません。かろうじて撮れたのが、既に貼っているこれくらい
パンチがある日、無い日あるようですが、ガツンと来るときには、3分以上つかっていると皮膚がピリピリしてきます。
同じく酸性泉の草津温泉。行きたいけれども、行ったことなーい。15湯もはしごしたら、皮が剥けてきそうw

別府は、ミーハーな温泉とは、ご謙遜。ちゃんと地獄の引き湯のところを攻めてるところが、すごい、すごい。
別府八湯温泉道といえば、既にご存知かもしれませんが、
同じく大阪からフェリーで攻め、非常に短期間で名人達成された若田さんのホームページのレポは、
とても面白く拝見しました。  別府八湯温泉道表泉家に入門
車中泊がヤならば、ぜひ鉄輪あたりの湯治宿に泊まってみられては?
双葉荘に10日泊まって名人になったという方のHPも、ありますね。
陽光荘で地獄蒸し料理に挑戦してみるのも、楽しいですよー。

寒の地獄は別格としても、阿蘇くじゅうエリアにも、夏向けの ぬるい温泉、泡あわになれる温泉、
天然の炭酸水が美味しいところと色々あります。いつか、また〜りしに来てください。

写真は、マニアに評判の高い鉄輪温泉 双葉荘の混浴の湯船と、地獄蒸しのできる調理場です。
湯船は、夜だったので あまり写真がよくないですが。



584.九州のぬる湯
名前:温泉美味しんぼ    日付:5月21日(土) 13時31分
Original Size: 400 x 300, 45KB

塚原はホントいい温泉ですねえ。あの柑橘系とでもいう飲泉はここ以外だと長野の毒沢温泉くらいかなあ。草津はピリピリが結構きついです(笑)。お湯が熱めなこともあり、まさに「カラスの行水」状態!でした。
血の池地獄は足湯だけじゃなく、日帰り入浴施設を作ってほしいですねえ。別府はあちこちのホームページで見られるので、情報には困らないのが助かります。
寒の地獄はおととしに行きましたが、入ったときに一瞬心臓が止まるかって感じ。あれは冷たすぎでしたわ。アワアワって長湯です?あそこもよかったけど、七里田の下湯ってところもいいらしいですねえ。今九州で行ってみたい温泉で5本の指に入りますです。
エリアとしてはくじゅうに入るんですかねえ、写真は赤川温泉の赤川荘です。ここの奥の湯も冷たかったです。

http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=manonsen



590.夏向き温泉
名前:モノグサ@管理人さ〜ん    日付:5月22日(日) 15時46分
Original Size: 640 x 480, 97KB

♪♪草津よいとこ〜一度は行きたい〜♪♪ 実現するのは、いつの話やら(´д`;)

血の池地獄は、個人宅が引き湯してるんですよね。裏泉家の方ででも入浴する機会があればいいのですが。
日帰り入浴施設だと、掃除やメインテナンスが とんでもなく大変な悪寒がします。
もっとも、郡司さんが側溝で血の池の余り湯をアビルマンしてるのは有名な話だから(『日本全国マル秘湯』)、
入ろうと思えば入れないこともないかと思われ。
温泉美味しんぼさん、旅の恥はかきすて。チャレンジしてみる!?w

赤川荘も、既に入浴してはりましたか。
そうそう、ここは、もろ「くじゅうエリア」ですが、冷鉱泉が気持ちよいですよねー。
長湯温泉も夏向きですが、どこでもアワアワになるわけじゃぁありまへん。
今、新設工事してるラムネ温泉、新しくなったら、どうなるんだろう?
長湯温泉の近くの七里田温泉下湯。そう、ここが ぬるいアワアワ温泉筆頭。
マニアの間では、青森の森田温泉と双璧をなし炭酸泉日本一と言われるとか。
(私は森田温泉には入ったことないので、比較のしようもないけれど。)
昨年11月に行ったとき
山口さんのレポ

他にも、奴留湯、寺小野、川底、壁湯…etc.etc.ぬるい温泉、色々ありまっせー。
でも、私は どっちか言うたら、熱い温泉の方が好いとーとです。


580.塔原塔跡  (福岡県筑紫野市塔原)  
名前:モノグサ@管理人さ〜ん    日付:5月20日(金) 22時43分
Original Size: 550 x 412, 99KB Original Size: 550 x 412, 110KB Original Size: 412 x 550, 85KB

身近な史跡シリーズ@筑紫野市

白鳳時代に建てられた寺院の跡で、現在、三段くりこみ式の塔の心礎だけが残っています。
心礎の中心にある方形の孔は、仏舎利をおさめるためのものだとか。
写真は、おとといの雨で雨水がたまってしまっています。
国指定史跡となっています。(昭和14年指定)

この周辺の地名を「塔原」と言うのは、この塔の跡が由来になってるんですね。

場所は、筑紫野市役所から西へ700mほど、県道31号線にかかる青い歩道橋のところです。
写真に写っている小さな木のパネルが一枚あるだけで標識も出ておらず、知らなければ見落としてしまいます。
しかし、今日、二日市温泉に行った帰りに写真を撮りに行ってみたら、草ボーボーの上、ゴミが散乱。
これじゃぁ国の史跡が、泣きそうです…。

下記URLは、筑紫野市HPより ちくしの散歩 48.塔原廃寺
http://www.city.chikushino.fukuoka.jp/furusato/sanpo48.htm


577.にゃがれる水は、うみゃいのだ  
名前:モノグサ@管理人さ〜ん    日付:5月19日(木) 22時10分
Original Size: 640 x 480, 78KB Original Size: 640 x 480, 72KB

「澱んだ水は、うみゃくない。水は やっぱり清いものに限るにゃ。」
猫を何匹も飼っていると、時々いるんですよね、流れる水を飲むのが大好きな子。
目つきが、ちょいと怖く写ってしまいました。


575.2005年5月17日撮影  
名前:モノグサ@管理人さ〜ん    日付:5月18日(水) 23時29分
Original Size: 640 x 480, 113KB Original Size: 640 x 480, 111KB

(写真1)
「麦秋(ばくしゅう)」とは旧暦4月の異名、つまり、麦の実る ちょうど今の時期を表す言葉だそうです。
黄金色に輝く麦は、なかなか美しいものです。
背後は、この地に左遷された菅原道真が山頂から天に無実を訴えたという「天拝山」と、九州自動車道 筑紫野ICです。

(写真2)
立てば芍薬 今まさに花盛り


515島根・岡山・鳥取の温泉めぐり  
名前:モノグサ@管理人さ〜ん    日付:5月2日(月) 1時57分
Original Size: 580 x 434, 77KB Original Size: 435 x 580, 72KB

(写真)1.柿木温泉 はとの湯荘 2.有福温泉 御前湯 
※木部谷温泉 松の湯の写真は、山口さんのレポの下にUPしました。

****************************************************************
島根県の温泉を中心に、岡山県、鳥取県もあわせて回ってきました。中国山地の新緑が、とても美しかったです。

石州瓦の赤褐色をした屋根が連なる風景を見ると、ああ島根県だなと実感するのですが、
特に島根では、まるで、その石州瓦のような褐色の魅力的なお湯に多数つかることができました。

入湯したところは、以下のようなところです。

4月28日
@木部谷温泉 松の湯 A六日市温泉 みろく温泉 B柿木温泉 はとの湯荘
C大谷温泉 かじか荘 D有福温泉 弥生湯 E有福温泉 御前湯 F有福温泉 皐月湯
G温泉津温泉 薬師湯 H温泉津温泉 元湯 I松江しんじ湖温泉(ホテルのユニットバス)



516.島根・岡山・鳥取の温泉めぐり 4月28日つづき
名前:モノグサ@管理人さ〜ん    日付:5月2日(月) 1時58分
Original Size: 580 x 434, 77KB Original Size: 580 x 434, 61KB

(写真)1.温泉津温泉 薬師湯、2.温泉津温泉 元湯



517.島根・岡山・鳥取の温泉めぐり 4月29日
名前:モノグサ@管理人さ〜ん    日付:5月2日(月) 2時0分
Original Size: 580 x 434, 74KB Original Size: 580 x 434, 71KB Original Size: 432 x 580, 58KB

(写真)
1.湯抱温泉 中村旅館 2.三瓶温泉 薬師湯 3.三瓶温泉 亀の湯
※小屋原温泉 熊谷旅館、千原温泉、出雲湯村温泉元湯の写真は、山口さんのレポの下にUPしました。

****************************************************************
4月29日
@小屋原温泉 熊谷旅館 A湯抱温泉 中村旅館 B池田ラヂウム鉱泉
C三瓶温泉薬師湯 D三瓶温泉亀の湯 E千原温泉
F加田の湯 G頓原温泉 琴引荘 H出雲湯村温泉 元湯

湯抱温泉の中村旅館。
連休なので入るのは難しいかもと思ったのですが、電話したら、何とか受け入れてもらえました。

クリーミーで白っぽい褐色の濁り湯。
千枚田というかクレーター状というか、芸術的な見事な析出も素晴らしいのですが、
それ以上に、日帰り入浴で立ち寄って、ここほど丁重なもてなしを受けたところはなく、とても印象に残りました。

到着すると、ご年配の女将さんが「遠いところから、よくおいでになりました。」
「まぁ、どうぞ、どうぞ。」と、ニコニコしながら、すぐに風呂場に案内してくださいます。
一つの浴槽を、家族湯として貸切で使わせてもらいます。
「お金は、どこでお支払いしたら…」「あがってからでいいですよ。」
あがってお金を払って帰ろうとすると、「お茶をどうぞ。ちょっとお待ちください。」
ソファに座ってしばらく待つと、「お粗末ですが」と、なんとお抹茶が出てきました。

実は、非常に高額な入浴代を言われるのではないかと内心 心配だったのですが、
「お一人様500円、お二人で1000円ほどよろしいですか。」500円でいいんですか!

帰り際には、玄関で指をついて深ぶかとお辞儀して見送ってくださいました。
こちらも、思わず最敬礼のお辞儀をして、失礼しました。



518.島根・岡山・鳥取の温泉めぐり 4月30日
名前:モノグサ@管理人さ〜ん    日付:5月2日(月) 2時2分
Original Size: 435 x 580, 83KB Original Size: 580 x 434, 96KB

1.真賀温泉 混浴の幕湯(暗かったので、画質が悪い)
2.湯原温泉 砂湯 休日でもあり、大勢の人で賑わっていた

****************************************************************
4月30日
@真賀温泉 A足温泉 足温泉館
B湯原温泉 砂湯(野湯)C湯原温泉 元湯湯本温泉館 D茅森温泉(野湯)
E奥津温泉 奥津荘 F奥津温泉 露天風呂(野湯)
G関金温泉 元湯 関の湯 H三朝温泉 河原の露天風呂(野湯) I三朝温泉 株湯
J皆生温泉 おーゆランド K玉造温泉 ゆ〜ゆ



519.島根・岡山・鳥取の温泉めぐり 4月30日つづき
名前:モノグサ@管理人さ〜ん    日付:5月2日(月) 2時3分
Original Size: 580 x 434, 77KB Original Size: 580 x 434, 97KB

(写真)
1.奥津温泉 奥津荘
立湯 
お湯が澄んできれいなので湯船の底がよく見えます。この底の色合いも美しく、思わず見とれてしまいます。
深いところは、脇ぐらいの深さがあります。

2.奥津温泉の露天風呂 橋の上から丸見えの開放感です。



520.島根・岡山・鳥取の温泉めぐり 4月30日つづき
名前:モノグサ@管理人さ〜ん    日付:5月2日(月) 2時5分
Original Size: 435 x 580, 74KB Original Size: 580 x 434, 87KB

1.関金温泉 関の湯 ラジウム含有量は、三朝温泉に次ぎ日本第2位
2.三朝温泉 河原の露天風呂と、三朝橋



567.Re: 島根・岡山・鳥取の温泉めぐり
名前:温泉美味しんぼ    日付:5月15日(日) 23時13分
Original Size: 400 x 300, 53KB

はじめまして、温泉美味しんぼと申します。
ゴールデンウィークは中国地方を回られたんですねえ。当方も4月30日に、千原温泉→小屋原温泉・熊谷旅館→赤来温泉・加田の湯→出雲湯村温泉・元湯と4湯に日帰り入浴しました。朝一の千原は貸切で一時間くらいノベーと浸かってのんびりできましたですわあ。また、九州とかの温泉に行くときに参考にさせてもらいますね。
ではでは。

http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=manonsen



568.不思議なご縁!?
名前:モノグサ@管理人さ〜ん    日付:5月16日(月) 15時22分
温泉美味しんぼさん、はじめまして(´∀` ) 出雲湯村温泉・元湯の きれいなお湯の写真を、ありがとうございます。
ほんま、同じ頃に同じ温泉に つかっとーとですたい。これもご縁。
それにしても、大阪から この辺まで日帰り圏内とは、驚いた。
いやいや、きっと温泉美味しんぼさんのフットワークが軽いんでしょう。恐れ入りましたばい。

千原温泉は前々から名前だけは知っていたんですが、おかげさまで、やっと入りに行けました。
ここは、ほんとに一時間以上だらぁぁ〜っと湯船で過ごしたいもんですなぁ。

ホームページは、ほとんどMyアルバム状態。
こういう場でも無いと、写真撮るだけ撮ってきても無精な私は全然整理せんから、という程度の動機で、
☆つけもしとらんし、データベースを意識した作りもなっとらんので、あんまり参考にはならんかもしれんですばってん、
ぜひぜひ、また掲示板にも九州にも遠征してきてください!お待ちしとります。


570.Re: 島根・岡山・鳥取の温泉めぐり
名前:温泉美味しんぼ    日付:5月17日(火) 0時55分
Original Size: 400 x 300, 42KB

早速の返信ありがとうさんです。
しかしこうして見ると、すんごいペースで中国の温泉回られたんですねえ。奥津温泉は日帰り入浴施設だけ行って余りいいイメージがなかったので、今度は奥津荘に行ってみたいなって思ってます。
日帰り圏内ってどこまでなんでしょう(笑)。連れ立って交代運転できれば、信州だって日帰り圏内(笑)。でも次の日疲れて何にもできない(笑)。
千原、いいですよねえ。一年ぶりくらいに行ったんですが、ここは去年入浴した温泉で一番よかったって印象です。
WEB上に画像データを上げるのはいい方法ですねえ。以前ウィルスにかかってWEB上のデータ以外全部飛んじゃってショックまんきちでしたわ(笑)。それからはまめにCDに落としてます。
写真はいわずもがな小屋原温泉・熊谷旅館です。ここも好き。
ではでは。

http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=manonsen



571.中国地方の温泉
名前:モノグサ@管理人さ〜ん    日付:5月17日(火) 13時1分
Original Size: 640 x 480, 101KB Original Size: 640 x 480, 67KB Original Size: 450 x 600, 109KB

小屋原温泉も、素晴らしい!!温泉美味しんぼさんが入ったお写真の浴槽は、一番奥なんですよね?
ということは、(写真1)が3番目の浴槽になるわけか。
いえね、一番手前は客があり撮影できず、3番目と4番目は写真だけ撮らせてもらったものの
どっちがどっちだか、撮ってきた本人にも、よく分からんようになってたんです、助かりましたw

私なんぞ、もっとすごい数泉する人の足もとにも及びませんが、
だいたい根がサモシイ人間ゆえ(?)、なかなか行けない遠くは、つい欲張ってしまいました。
しかも2泊3日で1517kmすべて一般道走行だったりするわけで、肉体的には結構くたびれてるはず。
しかし、素晴らしい温泉ばかりだったので、その感動で疲れは苦になりませんでした。

多分、道がわかる温泉美味しんぼさんや山口さんには笑われてしまうと思うのですが、
営業時間などの関係で、実は相当無駄な走りしてるんですよ。
一日目は島根の西の方を回り、温泉津温泉から わざわざ松江まで行って宿泊。
翌日は、また松江から三瓶まで引き返し。
しかも三瓶では、
(西の原)→小屋原温泉→(西の原)→(三瓶温泉)→(R375)→湯抱温泉→(R375)→池田ラヂウム温泉→(西の原)→三瓶温泉
定めの松を3回も見ましたわ。三瓶温泉は午後から、湯抱温泉は宿泊客の来る前に早く来い、ってんで、
致し方なく、そんなルートになってしまったんですけどね。(写真2)は、3度通った三瓶の西の原です。

奥津温泉なら、関西からも日帰りで行かれるみたいですね。
男だったら、やっぱり河原の洗濯場のとこの風呂か露天風呂でしょw
私が行ったときは、洗濯場のところの露天風呂は人だかりができてて、足湯と化してました。
上の写真は、洗濯場の対岸にある露天風呂です。
奥津荘は以前は立ち寄り入浴500円だったそうなのに、改装後、一気に1000円に跳ね上がってます。
せっかく行ったし滅多に行けるところじゃぁないからと奮発しましたが、ちょっと高過ぎる。(関西では相場?)
奥津温泉では、街道沿いに並んで建っている奥津荘、東和楼、河鹿園の3軒が自然湧出の極上湯らしいですよ。
足元湧出の東和楼(500円)は、お湯が「ラムネ色」してるとか。
温泉美味しんぼさん、いつか行く機会があったら、その色を是非写真に撮ってきてください!

おまけの写真3は、いきなり関西に飛んで、温泉美味しんぼさんのご近所の有馬温泉です。



574.Re: 島根・岡山・鳥取の温泉めぐり
名前:温泉美味しんぼ    日付:5月18日(水) 22時18分
Original Size: 400 x 300, 34KB

そうです。一番奥の浴槽です。入浴するときは一番奥の浴槽が先に空きましたのでそちらに入浴。ただ、出たときには全部空いていたので後は資料用に撮影しましたです(笑)。
確かに遠出するときは温泉数を稼ぎたくなりますよねえ。一月に別府に行ったときは、堀田温泉→神丘温泉→鉱泥温泉→海地獄・足湯→かまど3丁目の湯→神和苑→血の池地獄・足湯→塚原温泉・火口乃泉→潮騒の宿晴海→長泉寺薬師湯→照湯温泉→鶴寿泉→別府温泉保養ランド→鬼石の湯、の順で「回れるだけ回っちゃえ」だったので人のことは言えません(笑)。
日帰り入浴は受付時間の関係もあり、かなりいびつなスケジュールになるときありますねえ。「この場所通るの何回目や?」って感じで(笑)。
奥津は般若寺温泉とかもよさそうなので、どこかで平日に代休とって行きたいなあと思ってま。その時には報告しますね。
写真は赤来温泉・加田の湯です。ここの温泉も少しずつ白くなっていくんですかねえ。

http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=manonsen


569記念フォーラム「湯の国おおいた・利用者にやさしい温泉宣言」  
名前:モノグサ@管理人さ〜ん    日付:5月16日(月) 16時40分
Original Size: 334 x 700, 279KB

5月24日の温泉法施行規則改正に合わせて、掲題のフォーラムが、別府市青山町のべっぷアリーナで開催されるそうです。

県が独自に検討している「大分方式」の温泉表示の考え方などをアピールして、温泉の信頼を高めるのが狙い。
フォーラムは、温泉専門家の郡司勇氏の基調講演に続き、別府八湯温泉品質保証協会の斉藤雅樹氏が、別府市が独自に取り組む分かりやすい表示方法について基調報告。その後、郡司氏や黒川温泉の旅館「山の宿新明館」の後藤哲也社長、札幌国際大観光学部の松田忠徳教授などを交えたパネルディスカッションが予定されている。
(西日本新聞 5月13日より)

フォーラムは5月24日午後1時半から、聴講無料。
問い合わせ・申し込みは大分県観光・地域振興局自然交流班=TEL 097(536)1111(内線2122)


なかなか面白そうなイベントです。
24日(火)は残念ながら平日ですが、都合がつく方は、参加されては どうでしょう。
聴講申し込みは、大分県地域振興局に電話にて。簡単な住所(地番まで言う必要なし)と参加者の氏名だけで大丈夫です。
会場案内などの詳細を希望する場合は、その旨伝えれば、FAXまたは郵送で送ってもらえるそうです。

先ほど電話で問い合わせてみたら、
温泉事業者や中央のマスコミ、大分県民、福岡などの都市部からのツアー等が招待してあるそうです。
会場が広くて余裕があるので、申し込めば、誰でも聴講できます、とのことでした。
「ぜひ広くPRしてください。」とのことだったので、掲示板にUPします。
私は行けるかどうか 現時点で よくわかりませんが、気持ちだけは是非行ってみたいと、一応、電話申し込みだけしておきました。



572.詳細は、こちら
名前:モノグサ@管理人さ〜ん    日付:5月17日(火) 13時25分
大分県のホームページに詳細が出ていましたので、リンク張っときます。

「湯の国おおいた 利用者にやさしい温泉宣言」の開催について平成17年 5月10日

561太宰府天満宮 2005年5月11日訪問  
名前:モノグサ@管理人さ〜ん    日付:5月12日(木) 1時18分
Original Size: 580 x 434, 86KB Original Size: 580 x 393, 67KB Original Size: 580 x 434, 74KB

クスを見に、天満宮に行ってきました。
この季節、太宰府天満宮の境内は、美しい樟若葉で包まれます。

樟若葉は、俳句の世界では夏の季語になるとか。
参道の土産物店に風鈴が下げてありましたが、その音が気持ちよく感じられるほどの陽気でした。
修学旅行の女学生たちの半そでの白いセーラー服も、眩しく輝いていました。

本殿脇の飛梅も、すっかり青葉でした。



562.太宰府天満宮のクス
名前:モノグサ@管理人さ〜ん    日付:5月12日(木) 1時20分
Original Size: 580 x 434, 102KB Original Size: 580 x 434, 86KB Original Size: 435 x 580, 86KB

古い葉を一斉に落とし、瑞々しい姿となったクスは、ちょうど今、小さな花を たくさんつけています。
太宰府天満宮の境内で「天神の杜(もり)」を形成するクスは、約100本。
そのうち2本が国の天然記念物、49本が県の天然記念物の指定を受けています。

写真3.夫婦樟の近くに、荻原井泉水の句碑があります。「くすの木千年さらに今年の若葉なり」



563.太宰府天満宮 夫婦樟
名前:モノグサ@管理人さ〜ん    日付:5月12日(木) 1時21分
Original Size: 616 x 628, 225KB

樹齢1000年を越えるという夫婦樟。本殿裏に立っています。国の天然記念物。
大きすぎて写真1枚にはおさまらないので、2枚を つなぎました。



564.ひろはちしゃの木
名前:モノグサ@管理人さ〜ん    日付:5月12日(木) 1時23分
Original Size: 435 x 580, 97KB Original Size: 580 x 435, 64KB

写真1.樹齢700年といわれる「ひろはちしゃの木」。無料休憩所の横に立っています。国の天然記念物。
写真2.ちょうど手水舎は、掃除されているところでした。



565.本因坊戦
名前:モノグサ@管理人さ〜ん    日付:5月12日(木) 1時24分
Original Size: 435 x 580, 80KB Original Size: 580 x 434, 63KB

ちょうど囲碁の本因坊戦があっていたようで、NHKの中継車も出ていました。



566.(。。)
名前:917    日付:5月12日(木) 10時45分
デジカメいじりまくってますなー
まるで子供のように(^_^)
いいなー
買おうかなー

560光明禅寺 2005年5月11日訪問  
名前:モノグサ@管理人さ〜ん    日付:5月12日(木) 0時22分
Original Size: 560 x 419, 93KB Original Size: 550 x 412, 89KB Original Size: 412 x 550, 84KB

光明禅寺の新緑が見たくて、訪問。
この日は訪れる人もほとんど無く、そこには静かな空間が広がっていました。
木々が風にゆれる音と、鳥の鳴き声しかしません。
縁側に座って、吹き渡る緑の風を感じながら、しばらく心地よく過ごしました。


559.新品のデジカメ  
名前:モノグサ@管理人さ〜ん    日付:5月11日(水) 23時43分
Original Size: 505 x 415, 70KB Original Size: 495 x 446, 103KB Original Size: 480 x 640, 109KB

私が使っていたデジカメ。
三朝温泉の株湯からあがって、建物の写真を撮ろうとしていたときから焦点が合わなくなり、壊れてしまいました。
温泉や風呂場を撮ることが多いため、高温多湿の厳しい環境で、悲鳴をあげてしまったのでしょう。
修理代は概算で15000円。
もともと中古でそれ以下の値段で買ったものなのに、割が合わない。

仕方が無いので、新品を買いなおしました。
故障に懲りた私が機種選択の絶対条件にしたのが「防水機能」。
しかし本格防水のものにすると、値段も張ります。私の場合、低価格も条件です。
水に潜るわけでもなし、最低限、生活防水機能のもので、よしとしました。

で、今度のデジカメにはマクロのさらに上の「スーパーマクロ」なる機能がついています。
以前のものには無かったため、これが私には面白くて、色々遊んでみました。

さて、新しいデジカメで、温泉がどんな具合に写るのか楽しみです。
もっとも、次回の温泉行きの計画は、まだまったく立っていません。


551北野温泉情報  
名前:917    日付:5月8日(日) 21時28分
Original Size: 320 x 240, 24KB Original Size: 320 x 240, 29KB Original Size: 240 x 320, 24KB

朝風呂、湯の坂・久留米温泉の後、帰り道がてら北野温泉のぞきマスタ
先週は大好きな檜の露天風呂が男湯でしたので今週は男湯は岩風呂なので入りませんでした
なんと!!
名前が変更になるのです!ショック!!
完全完成まではまだまだかかるようですが内風呂と露天が完成したようなので部分オープンするようです
既存の施設がどうなるのかは未だに不明です
最終的には無くなるんでしょうけどねー



553.新生・北野温泉
名前:モノグサ@管理人さ〜ん    日付:5月8日(日) 23時26分
「寿正千の湯」と命名されるのですか。植え込みもされて、オープン間近という感じですね。
湯治場としての歴史を持つ北野温泉、随分立派になって、そんな雰囲気は全然感じられなくなるようで。
「天然掛け流し温泉」とは書いてありますが、お湯の質は、どうなんでしょう。
丸い湯船を取り壊すのは、もったいないなぁ。


555.Re: 北野温泉情報
名前:てんてん    日付:5月9日(月) 9時0分
寿正千とは、なんだか長生きできそうな目出度い名前ですね。
気になるのはお値段。。。
値上がりしてないと嬉しいですけど、無理ですよねw


556.電話で尋ねてみたのですが
名前:モノグサ@管理人さ〜ん    日付:5月9日(月) 14時26分
確かに、つかると長生きできそうな名前ですねw
「鶴の湯」という今の名前は、まったく無くなるのでしょうか。両方あわせたら最強のような気が。

お値段は、施設の規模から見て、最低500円?(←いーかげんな推測)
気になったので、さっき、電話して尋ねてみましたが、はっきりしたことは決まっていないようです。
一部オープンは、今月末〜来月、グランドオープンは7月か8月ごろ、入浴料金なども未定との返答です。
生まれ変わった ほうじょう温泉みたいに、遠い存在にならないことを願いたいところです。

>パパさん
誰よりも早いネット上の北野温泉 先行レポを狙ってみるのは、いかがでしょう?


557.なるほど
名前:917    日付:5月9日(月) 22時26分
ネット先行レポ・・・
やってやれないことはない・・・
ここの新しい経営者
実は私の親族の取引先らしい
詳細をあんまし話したがらないから聞かないけど・・・
岩盤浴と内風呂が先行オープンするらしいです
その後に露天と食事処がオープンとか・・・
ま、一度は行きましょうかね
(´・ω・`)


558.北野温泉
名前:モノグサ@管理人さ〜ん    日付:5月9日(月) 22時55分
そういうご縁があるのなら、なおのこと新施設に真っ先に顔出してお祝い言わんといけんでのでは。
楽しみにしています。( ̄ー ̄)ニヤリ

でも、電話の応答でも、おばちゃん、こちらが尋ねる最低限のことには答えてくれるとはいえ
詳しいことは喋りたがらず、口が重たいような印象も受けましたが、何故でしょう?
少々気になりました。

552噂の別府元町にあるビル  
名前:917    日付:5月8日(日) 22時16分
Original Size: 240 x 320, 29KB Original Size: 240 x 320, 23KB Original Size: 320 x 240, 24KB

いやー
ぼろビル!
1,2階はオフィス用になってますが今は空き
3階から5階までが住居で現在2部屋に居住者がいます
住居は1DKトイレはあるが風呂は3階と5階に共同風呂があります
風呂は今でもいつでも入れますよ、鉄分を多く含む茶色のお湯でした
少し熱めかなー(45・6度?)
3階からは真ん中が吹き抜けになってます
とにかく廃墟で泊まるの無理ポです
写真3枚目の奥が共同風呂です
入ります??



554.温泉つきビル
名前:モノグサ@管理人さ〜ん    日付:5月8日(日) 23時33分
この写真で見る限り、その廃墟っぷりが伝わってこない。まだまだ綺麗に見えるのですけれどw
ビルの中にまで共同温泉が引いてあるところが、別府らしいですね。
浴室のタイルの褐色の析出具合、野上本館の析出を思い出します。

取り壊されて無くなる前に、入ってみたいなぁ〜w

550城山三連橋梁 (福岡県筑紫野市大字永岡)  
名前:モノグサ@管理人さ〜ん    日付:5月8日(日) 19時58分
Original Size: 640 x 480, 84KB Original Size: 640 x 480, 121KB Original Size: 640 x 480, 85KB

身近な文化財シリーズ@筑紫野市

明治21(1889)年8月15日に九州鉄道会社が設立され、明治22年12月11日に九州最初の鉄道として
博多−千歳川仮駅(久留米)間が開業。この橋梁はその当時のものだそうだ。
鉄道は、大正9(1920)年6月の複線化の際に この橋の約200m東側へ移っているが、この橋は当時のまま残されている。
橋梁の幅は4.7m、長さ24.5mの煉瓦造りの三連アーチ橋梁で、九州では最も早い時期に作られた煉瓦造橋梁。
アーチ橋としては中規模なもの。平成9(1997)年5月、国の登録文化財に登録されている。

昔は列車が走ったアーチ橋の上は、現在 市道となっており、知らなければアーチ橋を渡っていることには気がつかない(写真3)。
この市道は、鳥栖・筑紫野有料道路(通称 かささぎロード)と平行して走っている。


539H17 4月 鉄輪温泉 神和苑  
名前:山口    日付:5月6日(金) 13時8分
Original Size: 480 x 640, 60KB Original Size: 480 x 640, 93KB Original Size: 640 x 480, 93KB

ここには思い入れがあります。
H16 9月にたまたま立ち寄った明礬湯の里で温泉に目覚め、
いつものように某掲示板で情報収集をしていました。
そこで現もぐさ管理人(その頃444氏)にその掲示板で
どなたかが「あんた、このHPの管理人だろ」と書かれ、貼り付けてあった
のが、ヨシキ氏のHPでした。444氏は違うよーと書いてました。(確か・・・)
ここで温泉のデジカメ写真をとっている方がいるんだということと
こんなに別府には温泉があるんだ、ということを初めて知りました。
そのHP内でもっとも目に焼きついた温泉がここです。
そしてH16 11月に初入湯。美しさに感動しました。

今回は再訪です。800円。
湯は青いのが2日目、青白が5日目だと
帰りに敷地内におられたおじさんに教えてもらいました。
女性の露天から、連れてきた女の子の
「キャー!! なにこれー!!!」の声。
さすがに連れてきた女の子も感激してくれたようでした。

ここの露天の浴槽内の触感が好きです。石でできてるのに
なぜか表面はやわらかい感じがする。
まるで、硬く、重量を感じさせる石の表面に一枚、うすーいゴムを
貼り付けてあるかのような触感。高級感を感じます。

ここが、自分に湯巡りをしようという確信をあたえてくれた場所。
それから色々なことを学び、経験でき、ここの方々にも出会えました。
これからもゆっくり自分のペースでいい湯を経験して行きたいものです。

あと、ベタではありますが、自分がここで通常使っている
字の色は、ここを意識したものですw



542.いつ見ても美しい神和苑の青湯!
名前:モノグサ@管理人さ〜ん    日付:5月6日(金) 17時0分
Original Size: 580 x 434, 98KB Original Size: 580 x 434, 85KB

あー、そういえば、そんなこと言われたこともあったっけ。忘れてました。
時期的に同じ頃に別府八湯温泉道めぐりしていたこともあって、勘違いされたんでしょう。
文体は全然違うのですけれど。(私の場合、匿名掲示板で鍛えられたひとつが、文章による個人の同定w)

ちなみに最初は、ここでは別に「ものぐさ」というハンドルにするつもりはなかったんです。
というより自分の呼称なんて何も考えてなくて、
さりとて某掲示板以外のところで444いうのも囚人番号みたいでヤだな、ってんで
便宜的に使っていたら、その優柔不断なポリシーの無さが災い、あ、いや、幸いして、
いつの間にか、「もぐさ変人」という、ありがたーい名前になってしまいました。
おそらく、今後も変遷をたどることでしょう。

と、温泉以外のことになってしまって、すみません。
山口さんの青い文字は、神和苑のブルーから来たものでしたか。これは思いつかなかった。
写真拝見すると、ちょうど庭のツツジもきれいなんですね。

男湯の方は、露天風呂は2浴槽あって、時間をずらしてお湯がためてあるので
時間経過に伴う青色の変化の様子が楽しめるようになっているのですが、
女湯は、露天は浴槽1つだけだったりします。内湯は浴槽が2つにわかれています。
残念ながら女湯の方の写真は、持ちません。(UPしている写真は、どちらも男湯のもの。)

そういや昔は、ここも露天風呂が混浴だったとか。



543.青く見える謎
名前:モノグサ@管理人さ〜ん    日付:5月6日(金) 17時4分
Original Size: 480 x 640, 135KB

ついでなので、何故青く見えるのか、張ってある解説をUP。
感激して帰って「レイリー散乱」とは何じゃらほい?と検索したりしたものです。
難しいことは、私には よくわかりませんが…。
写真で、読めるかな。



544.そういえば
名前:917    日付:5月6日(金) 17時15分
ヨシキちゃん
連休の後半は野湯3湯を攻めるとか言ってたけど…


549.温泉の写真
名前:モノグサ@管理人さ〜ん    日付:5月6日(金) 19時20分
別府の話題から離れますが、温泉のデジカメ写真というと、
今回、山陰(島根県)の温泉めぐりをしているとき、20代、30代の若い男性が
デジカメ片手に一人で温泉に来ている姿を かなり見かけました。
小屋原温泉でも、同じ時間帯に隣りの1番目の部屋に入っていたのは30代ぐらいの男性一人。

ほとんど有名どころを回ったので、デジカメ片手に温泉めぐっている同じような温泉好きの人と
似たようなところで一緒になったということなんでしょうけれど、
こんな姿で山口さんも湯めぐりしてんのかなー、なんて思ったことでした。
でも、建物を外から撮っている人はいても、浴槽の写真撮っている人は見かけなかったなぁ。

534明礬 ヘビン湯+(鶴の湯)  
名前:917    日付:5月5日(木) 19時14分
Original Size: 240 x 320, 30KB Original Size: 320 x 240, 30KB Original Size: 240 x 320, 27KB

鍋山から下山する途中から横道に入り暫く走ります
道はジャリと舗装もしくはセメント道路ですのでどんな車でもおkです
がしかーし道幅が2mですので離合はムリ!気合で登るしかないです
暫く行くと車が停車できる広いとこに出ますここで停車し、道下の川へ降りていくとヘビン湯!
途中ゴミが散乱すててガックリでしたが、お湯は・・・最高!
透き通ったホントに綺麗なお湯です、全部で3箇所あります
ここも何故か適温!素晴らしい!
静かで風が木々を揺する音だけが聞こえます
30分程入湯し出ました
源泉を見に上の方を少し行ってたら
相方が一言「ヘビに気を付けて下さーい」
「おらんでしょ、こんな時期」と川側に目を移すと足下約1mのところにマムシがニョロ!「・・・・」無言+息止めてソソクサと移動
「おったー!」を連発
私、ニョロ系は大の苦手、ここには真冬にしか来ませーん!!
で次は鶴の湯・・・・
鶴の湯へは鍋山を下ったとこにある霊園から行きます
霊園の突き当たりに車を止めて歩いていくのですが・・・
バイク+車がウジャウジャいます
歩いていくと、なんじゃこりゃー
人がウジャウジャ、ワイワイガヤガヤ・・・あちゃー
何とも落ち着かない湯でした
もう行くことないかも・・・



536.おや、湯船が増えてる
名前:ものぐさ    日付:5月6日(金) 1時7分
ヘビん湯で蛇様に会えるとは、こいつぁ縁起いいや。しかしマムシに咬まれたら、大事ですわな。
野湯のあたりにはマムシが出るからと私も注意されましたが、本当に出るとは、注意せんといけんですね。

で、で、で、川側の1つの湯船は、確かに私は知らないぞ。
山口さんも雑談掲示板に書いてた新しく作られた湯船とは、これのことなんですね。

車で簡単に行ける鶴の湯は、深夜でも人がいると聞きますもんねぇ。
しかしタバコの吸殻や空き缶にとどまらず、生ゴミに花火の燃えカスの散乱する野湯ですか…嘆かわしい。


538.H17 4月 明礬 ヘビん湯
名前:山口    日付:5月6日(金) 12時35分
Original Size: 640 x 480, 110KB

新しくできたという浴槽はこの写真のもの。
周りのセメントが何となく半乾きっぽいでしょー。
ここは良かった。仲間にも好評。女の子もこの新浴槽で足湯してたし。
湯温もちょうどよく、ゆっくり浸かれました。
ほぼ無臭だが、少し鉱物臭。筋湯のにおいに似てる。
が、筋湯ほど湯が硬い感じもなく(温度による印象か?)
しいていうなら、島根・出雲湯村の湯に似てます。透明感も。
あと、鍋もここも、あまりこの日はゴミはありませんでした。
駐車場にはありましたが。



541.新しい湯船
名前:モノグサ@管理人さ〜ん    日付:5月6日(金) 16時33分
Original Size: 640 x 480, 187KB

ずいぶん立派な湯船を作られたんですね。次回行ったときが楽しみです。
ヘビん湯のお湯は、澄んでますもんね。
言われてみたら、なるほど河原に野湯がある出雲湯村温泉のきれいなお湯を彷彿します。



546.Re: 明礬 ヘビン湯+(鶴の湯)
名前:917    日付:5月6日(金) 17時43分
とにかく次は積雪の季節にします
ここでも相方の話ですが、とにかく雪の鍋山は最高に素晴らしいそうです
この男、山の温泉はとてつもなく強いのですが、平野部の温泉はからっきしダメで山鹿とか行ったことがない妙なオッサンなんです
昨日は彦山登ったあと私の許可なしで折戸温泉とか行ってるし…


548.野湯マニア
名前:モノグサ@管理人さ〜ん    日付:5月6日(金) 18時3分
Original Size: 640 x 480, 98KB Original Size: 422 x 480, 157KB

野湯好きの人のホームページを見ていても、野湯マニアというのは、本当に野湯ばっかり攻めるみたいですね。
ありきたりの温泉には、たぶん魅力あまり感じないんのでは?

折戸温泉ぐらいだったら、原鶴温泉で朝風呂につかった後にでも、足のばして行ってこられては?
右の写真は、おととし5月4日に英彦山に登ったときのものです。(このときは鬼杉コース)。
ちょうど山伏の装束姿の人たちが登っているところでした。
この時期の英彦山の新緑は、本当に美しいですね!


533明礬 鍋山の湯  
名前:917    日付:5月5日(木) 18時47分
Original Size: 240 x 320, 28KB Original Size: 320 x 240, 24KB Original Size: 320 x 240, 29KB

4月30日
朝4時に福岡を出発、なぜ4時かというと現地が込んでたら嫌だから+日出を鍋山の湯で見たかったからです
ところが別府PAで既に日出が始まりPAで日出を観賞してしまいました
別府ICを降り一路鍋山に、あっという間に無事鍋山の駐車場?に到着
道は全然普通の砂利道おそらくシャコタンでもおk、
既に4台停車してましたが内2台は車内で爆睡中でした
この駐車場から右山手が一般的な鍋山の湯で左手登山道を行くと噂のカラスの湯らしい(相方より)、
まずは一般的なお湯へ
歩くこと5分で左手に温泉発見!透明な綺麗なお湯がこんこんと注がれてます、源泉はすぐ傍からホースで引きこまれてます、もの凄い熱湯ですがもう一本のホースからは岩清水が注がれており湯温は適温です、素晴らしい!
興奮しながらさっさと入湯!最高ですな!この時相方がブツブツ言ってますが無視!マターリ30分程入って次へ移動、マンドクサイからパンツとTシャツだけで移動しようとオーバーフローしてるところをジャブジャブと進んでた時!!
あっ!あっれー!ツルーン!と転倒!!もろに尻を岩にぶつけカバーしようとした左肘も強打、息が出来ない位痛ーい!暫くうずくまり呼吸を整え左肘を見ると血だらけ!ケツは相方に見てもらったら出欠はしてなく青あざが・・・、たぶん折れてはなさそうなのでそのままゆっくり痛さに耐えながら上の泥湯へ
泥湯は2箇所あって、内1っ箇所は湯が循環してないようで汚い状態(注ぎ込んでる湯量が少なすぎのため?)
もう一つはどんどん湯が注ぎこんでるので綺麗!さー傷を癒すためにも痛いの我慢して入湯!
がしかーし!激しい泥湯!もの凄い泥湯のため身体に泥が付着し上がると泥だらけ状態、ここで相方が一言「だから入る順番逆って言ったのにー」「やかまし!痛いっちゃけん黙っとけ!」とにかくお湯の泥が沈殿するのをじーっと待ってゆっくりあがりマスタ
あがって相方から一言「この上にもう一箇所ありますよ、但し掘らないかんかも」・・・「ムリ!痛いけんムリ!」で何とか下山
駐車場でまたもや相方「カラスどうしますー」「ムリに決まっとろうもん!」
でヘビン湯へ・・・・^^;



535.体の痛みを こらえつつ…
名前:ものぐさ    日付:5月6日(金) 0時56分
Original Size: 600 x 449, 101KB Original Size: 600 x 449, 135KB

シャコタンでも大丈夫な道になっているとは…。
転倒とは、お気の毒でした。
私は山手の噴気孔に付着してる黄色い天然の湯の花見に行ってて、噴気で火傷しかかりました。
(=人のこと、あれこれ言えなーい)

そういえば泥湯の方は、夏場に行ったら、赤いボウフラのような温泉虫が気持ちよさそうにフヨフヨ泳いでましたよ。
釣りエサの「アカムシ」と同じもの=ユスリカの幼虫だそうです。
ユスリカ幼虫は強酸性や高温にも耐え、硫化水素環境を好むので、
酸性硫黄泉の源泉地ではときどき爆発的に発生しているのを見るのだそうです。
鹿児島の山之城温泉や湯之谷温泉などでも見られることがあるとか。たくましいやつです。
そのときはアカムシと一緒に混浴してきました。あんまり気持ちよいものでもなかったですけどねw

鍋山のこの辺では青粘土が露出しているのが見られ、たまたま一緒になった地元の人に教えてもらったことがあります。
湯の花製造に使われる粘土で、湯の花は、この青粘土でしか育たないとか。
しかし、その青粘土も近年減ってしまっているそうです。



537.H17 4月 明礬 鍋山の湯
名前:山口    日付:5月6日(金) 12時25分
Original Size: 640 x 480, 98KB Original Size: 640 x 480, 113KB

自分が入湯した浴槽はこれです。
湯面のぷつぷつは泡ではなく、羽虫の死骸ですw
パパさんの記載からすると泥湯の上側の浴槽のようですね。
では変生のいう場所ではないようです。
でも、この浴槽でも硫黄臭は凄かった。
2番目の写真からこの浴槽に湯が流れこんでました。
底の析出がグレイ色に見えますが、実際はちょっと黄色がかっていました。



540.鍋山の湯、泥湯
名前:モノグサ@管理人さ〜ん    日付:5月6日(金) 16時28分
Original Size: 560 x 419, 88KB Original Size: 560 x 419, 107KB Original Size: 580 x 434, 91KB

うんわ、羽虫の死骸、凄いなぁ。
山口さんが入られたのは、2つ並んでいる泥湯の上の方の湯船でしょうね。
温泉虫がフヨフヨと気持ちよさそうに泳いでいた湯船ですわw

2つ並んで写っている写真があったので、私もUPしてみます。
2枚目は、泥湯下の湯船、3枚目が温泉虫の泳いでいた上の湯船。



545.Re: 明礬 鍋山の湯
名前:917    日付:5月6日(金) 17時31分
相方が言ってましたが
ここは来る度に湯船の形状と泉質が変化してるそうです
やっばり毎年何らかの災害の影響なんでしょね


547.Re: 明礬 鍋山の湯
名前:モノグサ@管理人さ〜ん    日付:5月6日(金) 17時57分
その辺は、やはり野湯なんでしょう。
脇のヤブの方には、新しい湯船を作ろうとして掘られている場所も何ヶ所もありますもんね。

530別府八湯温泉本  
名前:モノグサ@管理人さ〜ん    日付:5月4日(水) 23時4分
Original Size: 580 x 430, 92KB Original Size: 580 x 469, 89KB Original Size: 580 x 458, 102KB

別府の温泉めぐりの必携本、別府八湯温泉本。
今年度分が4月25日に発売されたので、近所の本屋で やっと購入してきました。
今までB6判だったのが、一回り大きくなりA5判。価格の方も、350円と50円アップ。
写真では、比較のため昨年度分と今年度分を並べてみました。

新聞で さかんに見た「温泉カルテ」のページも出てきます。

温泉道の対象施設一覧では、写真も新しくなっています。一言コメント等も付き、わかりやすいものとなっています。
新しく加わった施設、抜けた施設もいくつかあります。
新しく加わった施設には、さっそく行ってみないといけません。

昨年、私は温泉道対象の全ての施設の入浴を試み、昨年度対象施設128ヵ所中、127施設に入湯しました。
しかし、結局どうしても入湯できなかった1ヶ所はじめ、
宿泊者優先で時間制限、人数制限などが厳しく、外来入浴がなかなか受け入れてもらえずに
電話での問い合わせの度に何度も不愉快な思いをした数施設は、抜けていました。
スタンプをもらうのが非常に困難なところは、むしろ抜けてくれて、やれやれというのが率直な感想です。

さらに驚いたことには、鍋山・ヘビ・鶴の三秘湯が今回、スタンプラリーの対象となっていることです。
今までも荒れて問題になることもある温泉と聞いているだけに、なんとも複雑な思い。
今まで以上に訪ねる人も増えることでしょう。
こうなっては、野湯には違いないけれども、もはや「秘湯」とは言えない気もします。



531.そうですかー
名前:917    日付:5月5日(木) 14時33分
野湯3湯がスタンプ対象ですかー
何か複雑な思いですねー
本日中にレポ掲載しますが
鍋山もヘビン湯もゴミが散乱してました
缶ビール・缶ジュース・弁当その他諸々
ヘビン湯ではたぶんバーベキューかなんかしたあとのようで
生ゴミまで散乱してました、あと花火の残骸とかも・・・
ゴミ袋持って行かないといけません
鶴の湯は・・・もうあそこは秘湯じゃないですね
普通の温泉より多いです、次から次にしかもマナーを全く理解してない興味本位の方々ばかりでした
残念です


532.三秘湯
名前:モノグサ@管理人さ〜ん    日付:5月5日(木) 15時24分
そんなにひどい状態でしたか…暗澹たる思いだなぁ。
レポよろしくお願いします。

523お約束  
名前:917    日付:5月4日(水) 13時7分
Original Size: 240 x 320, 25KB Original Size: 240 x 320, 28KB

自宅のサクランボが食べ頃になりマスタ
今年もヒヨドリの餌になると思います
その前に腹いっぱい食べまくらないといけません



525.きれいな色!
名前:モノグサ@管理人さ〜ん    日付:5月4日(水) 13時16分
おっ、おっ、おっ、可愛らしいサクランボ!瑞々しくて美味しそう。
こんなのが庭になるとは、いいですねー。
口が足りんかったら、あたくしも、ちょいくら自転車で食べに行きます。
もう、こんなに緑陰濃い季節になりましたか。

521H17 5月 島根 某湯 個人宅の湯  
名前:山口    日付:5月4日(水) 11時34分
Original Size: 480 x 640, 88KB Original Size: 640 x 480, 99KB Original Size: 640 x 480, 88KB

写真1:源泉湧出口から流れてできた析出物。
写真2:源泉湧出口から壁をとおしてパイプがつなげてある。
写真3:パイプから一人用の小さなポリバス。

名前、場所はふせておきます。



522.正確な場所は、わかりません
名前:モノグサ@管理人さ〜ん    日付:5月4日(水) 12時40分
Original Size: 640 x 480, 95KB

こりゃ、何とも すごいなぁ。写真ありがとう。
島根県は過去に何度か観光で訪ねていても、温泉まわりをしたのは初めてだったので、
今回は とりあえずメジャーな名湯を回るのが精一杯で、こういうマイナーなところまでは手が回りませんでした。

温泉の名前(?)は、わかりました。
含土類食塩泉(緩和性低張温泉)、泉温34℃、湧出量45L/分、PH7.4、 成分総計6743r/sというところですね。
でも、正確な場所まではわかりません。紹介が無いと入浴は難しいのでは?
山口ぐらいなら気軽に行けても、島根となるとなかなか行けませんが、
次回こちらの方面に行くときには、ぜひ立ち寄ってみたいなぁ。

写真は、温泉津温泉・薬師湯の浴槽の析出



524.凄すぎ!
名前:917    日付:5月4日(水) 13時12分
こりゃ参りましたね
こんなのがあるんだ
恐るべし島根
秘密の温泉かー
惹かれますねー
行ってみたい!


EZBBS.NET produced by Inside Web