HOME
  温泉の定義  温泉の分類  療養泉と泉質  適応症と禁忌症  温泉分析書  資料集


温泉とは?

 温泉法による温泉の定義

日本では、温泉を保護しその利用の適正を図り、公共の福祉の増進に寄与することを目的とした「温泉法」が、昭和23年に制定されている。

この法律で「温泉」とは、地中からゆう出する温水、鉱水及び水蒸気その他のガス(炭化水素を主成分とする天然ガスを除く。)で、別表に掲げる温度又は物質を有するものをいう(温泉法第2条)。…水蒸気やガスも温泉になる。

  * 25℃以上の温度があれば無条件で温泉。
  * 25℃未満でも規定量の物質を含んでいれば温泉。

【温泉法第2条別表】

.温度(温泉源から採取されるときの温度とする。)  摂氏25℃以上

   * 温泉が湧く土地周囲の年平均気温より常に著しく高いことを基準にしている。
          温泉の温度が摂氏25℃以上となぜ決まったかについては諸説あり、戦前の植民地に台湾が含まれていたために
          平均気温が高くなったという説が有力である。

.物質(左に掲げるもののうち、いずれか一)

物 質 名 含 有 量 (1kg中)

溶存物質(ガス性のものを除く)

総量1000mg以上

遊離炭酸(CO2

250mg以上

リチウムイオン(Li+

1mg以上

ストロンチウムイオン(Sr2+

10mg以上

バリウムイオン(Ba2+

5mg以上

フェロ又はフェリイオン(Fe2+,Fe3+

10mg以上

第一マンガンイオン(Mn2+

10mg以上

水素イオン(H+

1mg以上

臭素イオン(Br-

5mg以上

沃素イオン(I-

1mg以上

ふっ素イオン(F-

2mg以上

ヒドロひ酸イオン(HAsO42-

1.3mg以上

メタ亜ひ酸イオン(HAsO2

1mg以上

総硫黄(S)
[ HS-+S2O32- + H2Sに対応するもの ]

1mg以上

メタほう酸(HBO2

5mg以上

メタけい酸(H2SiO3

50mg以上

重炭酸そうだ(NaHCO3

340mg以上

ラドン(Rn)

20(100億分の1キュリー単位)以上

ラヂウム塩(Raとして)

1億分の1mg以上

 

 

 鉱泉分析法指針による温泉の定義

→ 鉱泉分析法指指針

鉱泉とは、地中から湧出する温水および鉱水の泉水で、多量の固形物質、またはガス状物質、もしくは特殊な物質を含むか、あるいは泉温が、源泉周囲の年平均気温より常に著しく高いものをいう。

*鉱泉分析法指針の鉱泉の定義では、鉱泉は液体であることが条件になっている。
  火山地帯などで噴出する水蒸気その他のガス(炭酸水素を主成分とする天然ガスを除く)は温泉法の定義では温泉でも、
  鉱泉分析法指針の分析方にはその扱いは記されていない。