HOME
  温泉の定義  温泉の分類  療養泉と泉質  適応症と禁忌症  温泉分析書  資料集


温泉の分類

 (1)泉温による分類 鉱泉分析法指針に基づく)


泉温 とは、鉱泉が地上に湧出したときの温度 または採取したときの温度。

泉 温

冷鉱泉

25℃未満

温 泉 低温泉

25℃以上34℃未満

温 泉

34℃以上42℃未満

高温泉

42℃以上

 

 (2)液性による分類 鉱泉分析法指針に基づく)


湧出時のpH値により、次のとおり分類される。

酸   性

pH3未満

弱 酸 性

pH3以上6未満

中   性

pH6以上7.5未満

弱アルカリ性

pH7.5以上8.5未満

アルカリ性

pH8.5以上

*酸性泉は物質を溶かす力が強く、従って温泉法に該当する水質を生じやすい傾向がある。
*アルカリ性泉は物質が沈殿しやすいため、含有成分が少ない水質になりやすい傾向がある。

 

 (3)浸透圧による分類 鉱泉分析法指針に基づく)


溶存物質総量により、次のとおり分類される。

溶存物質総量(g/kg)
低張性

8未満

… 人体の細胞液よりも低い浸透圧を持つ。
等張性

8以上10未満

… 人体の細胞液と、ほぼ等しい浸透圧を持つ。
高張性

10以上

… 温泉の成分が細胞膜を通して人の体内にもっとも入りやい。

*人体の細胞液と等しい浸透圧を持ち、静脈注射や点滴に用いられる生理的食塩水は、
 蒸留水1リットル中に塩化ナトリウムを約9g含むもの。

 

 (4)緊張度による分類  


人体に対する作用の刺激の強さ、すなわち「緊張度」により、次のように大別することがある。

刺激作用の強いもの 緊張性 酸性泉、硫黄泉、単純炭酸泉、炭酸鉄泉、緑礬泉、明礬泉
刺激の弱いもの 緩和性 単純温泉、食塩泉、重曹泉、芒硝泉、石膏泉、重炭酸土類泉、放射能泉