HOME
  温泉の定義  温泉の分類  療養泉と泉質  適応症と禁忌症  温泉分析書  資料集


療養泉の定義と泉質の分類(鉱泉分析法指針による)

 療養泉の定義

鉱泉のうち、特に治療の目的に供しうるものは「療養泉」とされ、次の表で規定される。


1.温度(源泉から採取されるときの温度)  摂氏25℃以上

2.物質(下記に掲げるもののうち、いずれかひとつ)

物 質 名 含 有 量 (1kg中)

溶存物質(ガス性のものを除く)

総量1000mg以上

→ 塩類泉

遊離二酸化炭素(CO2

1000mg以上

→ 二酸化炭素泉

銅イオン(Cu2+

1mg以上

→ 含銅泉

総鉄イオン(Fe2+ + Fe3+

20mg以上

→ 含鉄泉

アルミニウムイオン(Al3+

100mg以上

→ 含アルミニウム泉

水素イオン(H+

1mg以上

→ 酸性泉

総硫黄(S)
[ HS-+S2O32- + H2Sに対応するもの ]

2mg以上

→ 硫黄泉

ラドン(Rn)

30×10-10Ci= 111Bq以上
(8.25マッヘ単位以上)

→ 放射能泉

 

 

 

 療養泉の泉質の分類

泉質による温泉の分類は、温泉水の含有成分の種類やその割合、つまり化学組成に基づき、温泉を医学的な治療に利用する療養泉の面を大きく考慮して行われている。

以前は、重曹泉、石膏泉、芒硝泉、緑礬泉、正苦味泉などの旧泉質名が使われていたが、昭和54年(1979)から、温泉水に含まれる化学成分をそのまま記す新泉質名に変わった。

簡単な新旧泉質名の対照表

掲示用新泉質名

新泉質名

旧泉質名

(1) 塩類泉

溶存物質量(ガス性のものを除く)
1g/kg以上

塩化物泉

ナトリウム−塩化物泉

食塩泉

炭酸水素塩泉

カルシウム(・マグネシウム)−炭酸水素塩泉
ナトリウム−炭酸水素塩泉

重炭酸土類泉
重曹泉

硫酸塩泉

硫酸塩泉
マグネシウム−硫酸塩泉
ナトリウム−硫酸塩泉
カルシウム−硫酸塩泉

純硫酸塩泉
正苦味泉
芒硝泉
石膏泉

(2) 単純温泉
溶存物質量(ガス性のものを除く)1g/kg未満、かつ湯温が摂氏25℃以上

単純温泉

単純温泉
アルカリ性単純温泉
(pH8.5以上の単純温泉)

単純泉

(3) 特殊成分を含む療養泉

特殊成分を一定の値以上に含むもの

二酸化炭素泉

単純二酸化炭素泉

単純炭酸泉

含鉄泉

鉄泉
鉄(U)−炭酸水素塩泉
鉄(U)−硫酸塩泉

鉄泉
炭酸鉄泉
緑礬泉

含アルミニウム泉

アルミニウム・鉄(U)−硫酸塩泉
含鉄(U)−アルミニウム−硫酸塩泉

含明礬・緑礬泉など

含銅−鉄泉

酸性−含銅・鉄(U)−硫酸塩泉

含銅・酸性緑礬泉など

硫黄泉

硫黄泉
硫黄泉(硫化水素型)

硫黄泉
硫化水素泉

酸性泉

単純酸性泉

単純酸性泉

放射能泉

単純弱放射能泉
単純放射能泉
含弱放射能−○−○泉
含放射能−○−○泉

放射能泉

 

 泉質のいろいろ

温泉の泉質は、「掲示用新泉質名」によって、単純温泉、二酸化炭素泉、炭酸水素塩泉、塩化物泉、硫酸塩泉、含鉄泉、含アルミニウム泉、含銅鉄泉、硫黄泉、酸性泉、放射能泉に大別される。

簡単なまとめは、以下のとおり。

単純温泉 泉温が25℃以上で、温泉水1s中に含有成分が1000mgに満たないもの。
pH8.5以上のものをアルカリ性単純温泉と呼ぶ。
肌触りが柔らかく、癖のない温泉で、多くの温泉地にみられる泉質。
二酸化炭素泉 温泉水1s中に遊離炭酸1000mg以上を含むもの。入湯すると、全身に炭酸の泡が付着する。日本には比較的少ない泉質で、泉温の高いものは大分県の長湯温泉が有名。
飲用すると炭酸の爽やかな咽越しが楽しめる。
炭酸水素塩泉 温泉水1s中に含有成分が1000mg以上あり、陰イオンの主成分が炭酸水素イオンのもの。陽イオンの主成分により、ナトリウム−炭酸水素塩泉やカルシウム−炭酸水素塩泉、マグネシウム−炭酸水素塩泉などに分類される。
塩化物泉 温泉水1s中に含有成分が1000mg以上あり、陰イオンの主成分が塩素イオンのもの。日本には多く見られる泉質で、陽イオンの主成分により、ナトリウム−塩化物泉、カルシウム−塩化物泉、マグネシウム−塩化物泉などに分類される。塩分が主成分となっているので、飲用すると塩辛く、塩分濃度が濃い場合は苦く感じられる。
*塩化マグネシウムとは「にがり」のこと。
硫酸塩泉 温泉水1s中に含有成分が1000mg以上あり、陰イオンの主成分が硫酸イオンのもの。陽イオンの主成分により、ナトリウム−硫酸塩泉、カルシウム−硫酸塩泉、マグネシウム−硫酸塩泉などに分類される。九州では大分県の塚原温泉が有名。
含鉄泉 温泉水1s中に総鉄イオン(鉄Uまたは鉄V)を20r以上含有するもの。 陰イオンによって炭酸水素塩型と硫酸塩型に分類される。温泉が湧出して空気に触れると、次第に鉄の酸化が進み赤褐色になる特徴がある。
含アルミニウム泉 温泉水1s中に含有成分が1000mg以上あり、陰イオンとして硫酸イオン、陽イオンとしてアルミニウムを主成分とするもの。
硫黄泉 温泉水1s中に総硫黄2r以上含有するもの。単純硫黄型と硫化水素型に大別され、日本では比較的多い泉質。
タマゴの腐敗臭に似た特有の臭いは、硫化水素によるもの。
酸性泉 温泉水の中に多量の水素イオンを含有しているもの。多くの場合は、遊離の硫酸や塩酸の形で含まれ、強い酸性を示す。
ヨーロッパ諸国では殆ど見られない泉質だが、日本では各地でみることができる。
放射能泉 温泉水1s中にラドンを30(百億分の1キュリー単位)以上含有しているもの。
放射能というと人体に悪影響を及ぼすと考えがちだが、ごく微量の放射能は、むしろ人体に良い影響を与えることが実証されている。